【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

五良大甫祥瑞写しに。 

5

goraDSCF0002.jpg

goraDSCF0006.jpg


訳あって週に三日ほど、実家へ夕食を作りにいっています。
酢の物を食べたいという父に、胡瓜と蛸の酢の物を作りました。

以前、両親の暮らす実家に居候していたころ、
夕飯の食卓に同じ品があがったことがありました。
頂きま~すと唱えて箸をのばすと、
なぜか私の酢のもの器にだけ蛸が入っていません。
おかしいなぁ、蛸が足りなかったのかな?
父と母のにはちゃんと入っているのにと不思議に思いながら、
ふと足下をみましたら飼猫のユウキが、
実に満足そうな顔をして毛繕いをしていました。
どうやら犯人はユウキ。
でもどうして私の器からだけ蛸を食べたのか、
今でも謎で、思い出すと笑いがこみあげてきます。

胡瓜と蛸の酢のものを盛ったこの皿は、五良大甫祥瑞写し。
五良大甫は「ごらだゆう」と読みます。

その謂れは戦国時代の茶人・古田織部が
中国(明代)景徳鎮に発注した染付の器の底に
「五良大甫 呉祥瑞造」の銘がはいることから
それらは祥瑞(しょんずい)と呼ばれました。
特に五良大甫の銘入りは数が少ないうえ、
器胎の白さと青のコントラストがとても美しく、
染付のなかの最上級品とされています。

この器は明治時代の伊万里で五良大甫祥瑞写しですが、
見こみの人物像もとてもよく描きこまれています。
明代の陶工に負けじとした、
明治の職人の意気が伝わってきます。

5 Comments

ジュジュ says..."古き良きもの"
はじめまして。骨董や昔着物の好きなジュジュと申します。
 ブログ、とても素敵ですね。器とお料理のコーディネートもやさしい感じがします。私は古伊万里などはあまり得意ではありませんが、ガラス系や着物に興味があって集めております。できれば将来お店をやってみたいと思うのですが、花がたみさんはすぐに店舗で始められたのですか?まずは露店かネットでと考えているのですが・・・。ぜひアドバイスお聞かせください。
2007.12.08 13:04 | URL | #- [edit]
花がたみ says..."ケースバイケース"
★ジュジュさま
コメントありがとうございます。
私の場合はギャラリーなどを借りて年に数回企画展をするとところからスタートしました。そんななかで知合った方と店を構えていますが、蚤の市やフリーマーケットでの出店も三年ほど経験しました。
店を開くとなるときちんとした物件だと保証金が発生したり、
諸経費、運転資金なども考えて慎重になりますね。

まずはネット販売で顧客を作ったり、イベント企画に参加して商品を販売され顧客=ジュジュさんのファン作りをされていったらいかがでしょう?

先ずは初めの1歩。そこからまた色んな道が見えてくると思います♪
かくいう私もまだまだ夢の途中です。

2007.12.11 00:53 | URL | #- [edit]
ジュジュ says..."ありがとうございます!"
アドバイスありがとうございます!
 最近、近くのカフェでアンティークフェアのような企画販売ができそうなのでやってみようかなと考えております。でもまずは市に行って商品を集めないと・・・。
 以前知り合いの方と業者の市に行ってみたのですが、いろんな方がいらっしゃってなんかすごいなあって思いました。
でも、おもしろいですね。ちょっとドキドキもしますが。 私もがんばっていきたいです。ありがとうございました!
2007.12.11 08:59 | URL | #- [edit]
mocca_nakagawa says...""
はじめまして。ホントに優しくてセンスのある器が多いですね。
私も石川県出身で年に三回位は帰るのですが、主にどの辺で
器を買われてるんですか。ちなみに香林坊の109裏にあるヨークというジャズバーのママさんを良く知っているのですが、なんとなく気に入りそうなので、もしお時間があれば。また、楽しみにしております。
2007.12.14 11:22 | URL | #QSC0Ae1E [edit]
花がたみ says...""
★mocca_nakagawaさん。
はじめまして。コメントありがとうございます。
週末、骨董を商っておりますから(右サイドバーのANTIQUE PLANETS)
器の仕入れルートは骨董業者の「市」、「店向う」といって同業者からわけてもらう、「初だし」といって一般のお客さまのお宅・・・と多様です。

yorkへはずいぶん昔、マスターの存命中に数回と、あとは2年ほど前に行ったきりでしょうか。
そういえばママさんが伊万里の猪口をカウンター向かいの棚にひとつ、
お使いだった記憶がありました。

2007.12.15 23:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。