FC2ブログ

【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

うつわ繕い部の活動について。

0

28378093_1669379663155953_6390610201308223862_n.jpg


かたかご庵でおこなっている「うつわ繕い部」:活動日をおさらいします。
うつわ繕い部では、欠けたりヒビの入ったりした器(陶磁器)を、漆を使った伝統的な直し方、
または接着剤など化学製品を使って簡易に直す簡易金継の直し方を教えています。
シンプルに器を直していくのはもちろんのこと、傷を模様に見立てて絵を描きたすなどの遊び方もできます。
ご自分で直した器には、よりいっそうの愛着がわきます。

●うつわ繕い部活動日
【開催日時】
毎月 第2木曜・・・・・・・・午後7時~
毎月 第4土曜・日曜・・・午前10時半~、午後2時~ 
 *日時の都合があわない方はご相談ください。

【受講費】
月1回 2,500円  
 *仕上げの際、金属粉(金粉・銀粉)使用時は別途実費が必要です。 
 *傷んだ器がない場合は、当方で1,000~1500円程度で骨董の器をご用意します。

【直しの目安】
本漆使用の場合は、月1回・半年で4~5個修復できます。
お急ぎの方は月2回の受講も可能です。
なお簡易金継きの場合は、おおよそ3時間程度で2~3個修復できます。

【金継ぎの修理について】
お預かりから仕上がりまで、2~3か月ほどかかります。
実際に器を拝見し、直しの仕方をご相談のうえ、お見積もりいたします。

●うつわ繕い部のお問い合わせ
antiquegallery_katakago☆live.jp まで。(☆は@にかえてください)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。