【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里線猫七寸皿に。

2

7sunturukame.jpg

soba-natto.jpg


台風の余波でフェーン現象だった北陸。
昨日、富山では日中35℃まで気温が上り、また夏へと逆戻りしました。

その暑さで、冷たい蕎麦が食べたくなりました。
スーパーへ買物に行くと、
麺コーナーで夏にはあれほど揃っていた蕎麦の種類も減り、
代わってコーナーにはラーメンが幅を利かせています。
僅かな種類から越前蕎麦の麺を求めました。

越前蕎麦のスタイルはぶっかけです。
それに倣って、氷水できゅっとしめた蕎麦に、
おろし大根、納豆、茗荷、大葉をのせ、
ダシの効いたつゆをひたひたに。

盛った器は幕末近く、古伊万里線描の皿です。
簡略化された松竹梅に金彩で鶴と亀が描かれています。

蕎麦はツルツルと喉ごしよくも、
カメカメとよく味わっていただきました。

2 Comments

vasenoir says..."なるほど!!"
ぶっかけ大好きです!

それにこの器はすごい~!
骨董に詳しくないのですが。。ついつい見入ってしまう。
素敵な器ですね。

それに落ちもサイコー。。
2007.09.19 00:35 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
花がたみ says..."落ちはどうだか・・・"
vasenoirサン。
落ちのでき具合はどうだか?ですが、
ツルツルカメカメの長寿を寿ぐので、
蕎麦は年越しのときに縁起ものとしてたべるのかなと改めておもったり。

幕末は線描がはやりましたので、
これもそんな流れのなかでできたものと思われます。

2007.09.19 23:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。