【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

そば猪口に。

0

chokoDSCF0010.jpg


骨董の器入門の大道といえば蕎麦猪口。

手のひらにちょうど馴染む大きさを、昔の人は自分の体で感じて作ったのだろうなぁと感心します。

写真の蕎麦猪口たちは、今から十年前、まだ古物商の免許をもたないころに、初めて買った記念すべき骨董です。もう一つ、山水文の猪口も一緒に買ったのですが、以前働いていた会社の同僚が退職する際にプレゼント。ちゃんと使ってもらっているかなぁと時々思い出します。

蕎麦猪口として使ってももちろんOKですが、コーヒーやお茶を飲んだり、向付代わりに使っても楽しいです。

今回はおぼろ豆腐をこんもり盛ってみました。大豆そのものの甘みがたっぷりの美味しいお豆腐だったのでその味を活かしたく、生醤油ではなくうす味のお出しを注いで。

それから、少し残った分に黒蜜をかけたら、さっぱりデザートにもなりました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。