【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

草木染手ぬぐい、新色。桃の枝で染めました。

0

201604231119000.jpg

駅西のフラティーノさんから、畑の桃の木を伐ってしまうのでと、
開花直前の桃の枝を分けて頂きました。
「蕾をつけているのにかわいそうだなあ」と思っていらしたところに、
私がモモやサクラやビワを剪定するおり枝を分けて頂きたいと書いた記事をご覧になって
ご連絡をいただいたのでした。

枝を1~2センチに切ってから、重曹を入れて2日かけて煮だしました。
1日目の1番液、2日目2番液は黄味がつよくでているので捨て、
その後3番液、4番液から紅色になり、狙った色味が抽出できました。

空気に触れて時間がたつにつれ、黄味がうすれ紅色が濃くなっていくようすに感動しました。
桃はさっと色が繊維にうつってよく染まりました。
媒染は椿の灰からとった灰汁です。
染め初めの3枚目くらいまではサーモンピンク、
4~10枚目はややスモーキーなピンク、
染め終わり11~13枚目は桜の花びらのような淡いピンクに染まりました。
4月29日からの企画展のおり、今まで染めたカリヤスやビワ、ヨモギ等とあわせ、
店頭にて展示販売いたします(^^)

Lサイズはストールとしても使えます。
これからの季節、紫外線から首筋をガード。お顔うつりもよい色合い。
201604231148000.jpg

201604231148001.jpg


Mサイズは籠バッグのなかの目隠しにもよいですよ。(手拭い:カリヤス染め)
201604231156000.jpg
色々に使って楽しんでいただければ嬉しいです。



♪応援、どうぞ宜しくお願いします♪
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。