【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

染付孔雀文様四方皿に。

0

ふだんにも染付の器を使っていて、
食卓に青色の皿が並んでいるのを何とも思わずにいました。
ところがある日お客様が
「青色の器にも料理って映えるのですね」とおっしゃられ、
お客様が染付の青いうつわが新鮮に感じられたことに、
私は逆に新鮮に思えたものでした。

江戸時代の風俗画や浮世絵にも
お茶屋のお座敷のなかに染付の器もお膳に描かれており、
当時から使われていたことが判りますわ。
↓こちらは網目模様の染付の鉢。
笹の葉が敷かれ、その上にお寿司がもられています。
料理に植物を添えたり敷いたりすることを皆敷(かいしき)とよびます。
現代でもヒバや笹、楓、南天など添えられているのを見ることがありますよね。
これから夏に向かっては、涼しさを演出するのに使ってみたい日本伝統のテクニックです^_^
(*植物によっては紫陽花の葉のように毒性があるものもありますので要注意)

imagesCA1H96G5.jpg

皆敷ではありませんけれども、
檸檬の黄色、パセリの緑も見た目も香りも実にいい仕事します(笑)
牛肉赤身とセロリをバターで炒め、塩コショウ。
いただくときに、パセリを散らし、添えた檸檬をぎゅっと。
パセリと檸檬の色と香り、染付の青とともに爽やかな一皿に。

201506300543000.jpg
201506300548000.jpg


夏の青
染付・和ガラスのうつわと山野草
2015年7月18(土)~20日(祝)・7月25(土)~27日(月)
10:30~18:30  (26日のみ終了時間17:00)

◆夏のなごみカフェ
《おやつ》
まめやmiの豆かん(7月18日のみ)
まめやmiのシフォンケーキ(7月18日~20日)
苔玉パフェ(7月25~27日)
《のみもの》
アイスコーヒー
梅シロップジュース
宇治清水ジュース

◆涼をよぶ苔玉ワークショップ 
参加費 1,800円(材料費・茶菓付き)
日 時 7月25日(土) ①午前11時~ ②午後2時~  
定 員 各回5名  
持ち物 エプロン、タオル  
ご予約 7月20日までに下記のメールアドレスまで
お名前、参加希望時間、人数をお知らせください。
メールアドレスantiquegallery_katakago★live.jp(★を@にかえてください)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。