【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

竹岱亭・浅井一甲氏のこと。

0

さて、そろそろ今回ご出品いただく竹岱亭・浅井一甲氏についてご紹介していきましょう。

浅井氏が創業された竹岱亭では、伝統工芸を柱とするさまざまな「もの創り」がなされています。
それは草木染め・型染め・手織り・和更紗・石彫・木工・金工 (彫金・鍛金等)・刃物作り・とんぼ玉彫金、染織、ガラス等多岐の分野にわたっており、驚くべきことにその殆どの技術を主宰の浅井一甲氏が身につけていらっしゃることです。
偏に創作への、ほとばしるような情熱につき動かされたものといえましょう。

一甲氏は松下幸之助氏までも訪れた父親の町工場(大阪市内)浅井製作所で、金属加工の真髄をたたきこまれました。その後24歳で独立、宝石店で加工・修理の実績を身につけました。
やがて、彫金の簪を納めるときにつかう古布に魅せられ、古布の収集、復元へとのめり込み、古文書や古布を師として学び取り、古い機織り機に織りを学んでいかれました。

以後、大阪市内から八尾市内へ移住し河内木綿を研究・復元。型染めは細かい線を特徴とし伊万里シリーズを自身のテーマ作とし、収集した資料を大阪商業大学へ寄贈。
さらに1983年(昭和58)丹波布の研究・復元を始めるために、兵庫県三木市吉川へ移住し、現在の竹岱亭を構えられました。

平成に入ってからは、長くあたためていた木版更紗の制作に取り組まれ、現在にいたります。
更紗とは木綿に版木をおし、そこへ彩色していくインド起源の染色です。一甲氏は若き日に培った金工の手わざで版木も自ら彫り、今ではがその数4,000種にも!

今回の展覧では、この木版更紗を使ったがま口、カード入れ等身近な小物のほか、
精緻な根付、遊び心あふれる豆本等の作品も出品いただきます。
いずれも現代の暮らしのなかで楽しめる伝統工芸の品々、
どうぞ手に取ってご覧いただきたいと存じます。

****************************
キ モ ノ の 時 間
―竹岱亭作品×アンティーク着物-

11月22日(土)~24日(祝)+11月29日(土)~30日(日)
10時30分~18時30分
金沢大野湊かたかご庵
(金沢市大野町3-4 期間中駐車場@山森商店P7~9)


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。