【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

絣、紬なぞ。

0

絣はその源流をたどるとインドネシアのイカットにいきつきます。

方眼紙に文様を描き、その図に基づき、
縦糸、横糸それぞれに色を染め分けて織っていき、
はじめて絣の文様が浮かび上がる大変手間暇のかかる織りです。
下の絣は機械織ですがそれでも縦糸横糸の設計を想うと大変なことだなと思います。
紅い帯をしめたら、さぞや初々しく愛らしくうつると思います。

201410290719000.jpg


紬は生糸をひきだせないくず繭を真綿にして、
そこから糸を紡いでうまれる大変な手間暇がかかる布ですが、
一般にはお茶室には入れないとされているので、ふだんのお出かけ着に。
着物初心者でも、紬を着ますとなぜか「着物通」にみえるのが不思議です。

201410290718000.jpg

****************************
キ モ ノ の 時 間
―竹岱亭作品×アンティーク着物-

11月22日(土)~24日(祝)+11月29日(土)~30日(日)
10時30分~18時30分
金沢大野湊かたかご庵
(金沢市大野町3-4 期間中駐車場@山森商店P7~9)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。