【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

かわうそさんがやってきました。

0

小さな可愛い手を、藍で青く染めたかわうそ兄弟が
一生懸命藍染めをしている・・・という妄想がとまらない店主です。


妄想はさておき、現実に「かわうそ兄弟商會」さんの、
藍染めが到着いたしました。

実は日頃ブックカバーをかけて読書することは殆どない私ですが、
かわうそ兄弟商會さんこと羽生田有紀さんのブックカバーを拝見したら、
ブックカバーをみせびらかしたくなる、本にかけたくなる、そんなブックカバーです。
賢治、中也がお好きな方、理科や数学がお好きな方、
とてもお勧めです。
写真は文庫サイズの作品で、別文様で単行本サイズのものもあります。

ブックカバー



手ぬぐいも、素敵です。
素数が染め抜かれ素数玉やオイラーの公式、
雪花火と名付けられた美しい文様などなど。
パリッとした素材の綿を用いてあるので、
お部屋のインテリアとしてタペストリーに使ってもよいですよと
かわうそ兄弟商會さんからのメッセージ。
写真は大きいサイズのもので、このほかハンカチほどの、可愛いミニ手ぬぐいもあります。

手拭い



また、これからの季節にぴったりの扇子は、今回5本お預かりしています。
5本ともそれぞれモチーフが異なり、商品にそえられた説明書に、
クスリ、ニヤリとさせられました^_^

009_20140718002324303.jpg



そして今回初挑戦されたというくるみボタン。
大小2種あり、素数のもの、アイコンのもの、2種あります。
一個ずつから販売できます。
お手持ちのお洋服やカバンに縫いつけたり、
アクセサリにしても楽しそうです。

くるみぼたん



このほか、藍染めの額装作品もございますが、
これはれぜひその作品を実際にご覧いただきたいです。
詩情あふれる世界が、藍の生んだ様々な青のなかにたゆたいほどけあう。
作品の前で時のたつのを忘れて魅入ってしまいました。


日本伝統のすくも藍の藍染めと、
かわうそ兄弟商會・羽生田さんの硬質で繊細な感性が
出逢い生まれた藍染めの世界。
使うほどに馴染む藍染めを、ぜひお楽しみ頂きたく思います。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。