【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

瀬戸の灯明皿に。

0

seto-tomyoDSCF0004.jpg

seto-tomyooimoDSCF0007.jpg


幕末から明治時代あたりに使われていた瀬戸の灯明皿。
灯明皿として使われていた頃は、
菜種油などが注がれ、
油にひたされた燈芯に火が灯され、
温かな光をこぼしていたことでしょう。

大きさが手頃なこともあり、
酒器としても楽しむ日もありますが、
今宵は小皿代わりに。

サツマイモ、カボチャを固めに茹でたものと、
室温に戻して軟らかくしたクリームチーズ、
マヨネーズ少々、胡椒をあえたものを和えます。
甘いホクホクの根菜たちと濃厚なチーズがマッチ。
冬の根菜はおいしく、体を暖めてくれます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。