【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

ふもと窯/井上尚之さんのスリップウェアに。

0

1年半ほど前、惜しまれつつ31年の歴史に幕をおろした
龍龍亭(ろんろんてい)。

マレーシアやシンガポールなどアジア諸国の
本格エスニック料理を出す美味しいお店で、
遠来の友があると案内したものでした。

年に1~2回しか行かなくても、
開襟シャツのマスターは、
こちらの顔を覚えていてくださって、
注文しようとすると「あれでしょ」と笑う。

「あれ」とはエンドウ豆のもやし、
豆苗を炒めた「健康中国野菜炒め」のことで
このお店の定番メニュー。
青臭い独特の豆苗の味がやみつきになり、
行くたびに注文していました。
思えば豆苗を初めて食べたのも、ここ。

龍龍亭無き今は、自分で作るしかないから、
ス―パーなどで豆苗を見かけるとつい手が伸びて買ってしまう。

それでも作るといったって簡単なもので、
胡麻油にあらみじんのニンニクを少し。
あとは豆苗をいれて塩コショウだけ。
豆苗が良い味をだしてくれ、美味しいのです。
しかしやっぱり、龍龍亭のが、懐かしい。
年に3日だけでも、龍龍亭、復活しないかしら。

・・・など、
ちょっセンチになりながら豆苗炒めを盛った器は、
ふもと窯(熊本)の井上尚之さんのスリップウェア角皿。
いっちんの手法で、伸びやかに釉薬が踊っている一枚。

201202262008000.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。