【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里青磁の小皿に。

0

かたかご庵のせどには、
高さ3メートルほどの山椒の木があります。

最初は山椒の実がとれると喜んでいましたが、
待てど暮らせど実はむすばず。
調べるとこの木にはオスメスがあり、
オスメスが受粉しないと実がならないことを知りました。

しかし毎年春先になると若葉がでて、
爽やかな良い香りがします。

今年は新芽をいただいて佃煮に。
直径30センチほどのざる山盛りに葉を摘み、さっと水洗い。
醤油と砂糖で炒りつけ、途中でいただきものの小女子のシラス、
胡麻も加えて出来上がり。

山椒の実は味覚がなくなるくらい刺激的ですが、
葉っぱはほどよい感じの刺激。
あつあつのご飯の上はもちろん、
冷や奴の上にのせても良さそうです。

できたての佃煮をのせたのは、古伊万里青磁小皿。
まだ骨董屋にあこがれていた10数年前に、
東京の骨董屋さんで求めた思い出の皿。
(今思うに高かった~)


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。