【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

ほかいに。

0

企画展、二日目スタートです。

冬になると土間にかけるのが、実家の母の花嫁のれん。
あいにくまだ見たことはないのですが、
お昼どきに金沢を舞台にしたドラマがあり、
それが「花嫁のれん」というタイトルだそうですね。
金沢では結婚式の前に嫁ぎ先家のお仏壇にお参りする風習があり、
仏間の入口にかけられるのがこののれんです。
のれんが高めに吊ってあり、床とのあきが気になるので
「ほかい」に花をいれて置きました。

ほかいとは「外居」とも「行器」とも書き、
平安時代ごろから、食物を盛ってよそへ運ぶために使った容納具になります。
本来は二つ一組で天秤棒で担いで運びました。
あらたまった雰囲気をだしたいときに、
花器に見立てて使っています。

hanayomenoren hokai021




Category :

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。