【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

松林千鳥文の漆の椀に。

0

譚セ譫怜鴻魑・譁・、

縺ェ繧√%豎\convert_20101206002821

12月にしては珍しく穏やかな一日。
皆様いかがお過ごしでしたか?

私は湯涌温泉からさらに深い山間にある畠尾というところへいってきました。
目的はその林道に幅左右2メートル、長さ2キロにわたって自生するカリヤスを刈ること。
これは乾燥させると茅葺き屋根の材料の茅になる植物。
草木染めにも使われるものです。

ススキの仲間ですが茎は細く、中が空洞なのが特徴。
そのため雨にぬれても乾燥が早く、
屋根の材料としては最高です。

刈ったカリヤスは保管庫で乾燥し、
いづれ湯涌にある「金沢湯涌江戸村」の茅葺き民家の屋根にも
使われる予定です。

朝8時半から午後3時まで茅を刈り続けいささか疲れたところに、
一緒に刈っていた方が倒木にはえたナメコを発見。
一気にテンションアップし、皆で頂いてきました。
山の神様、ありがとうございました。

家にかえってから、早速、絹ごし豆腐もいれたなめこ汁に。
シアワセ、シアワセ。

茅刈の様子はこちら!


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。