【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

大樋焼のお茶碗。

2

先日おこなった「町家で一服、お茶時間」。
正客さんにお出ししたお抹茶碗に、
この大樋焼を使いました。
九代大樋長左衛門さんの作です。

大樋焼は、加賀藩5代藩主前田綱紀が京都から仙叟を招いたおり、
同行した楽の脇窯の土師長左衛門を祖とする焼きもの。
仙叟が帰京したあとも長左衛門は金沢に残って、
現在の金沢市大樋町に暮らし窯を建てて、
藩の焼物御用を務めました。

あえてお書きしませんが、
金沢の人間なら「大樋長左衛門」の名を巡っての
二つの大樋家の諍いはご存じですよね・・・。

ま、それはともかくも。
この大樋の茶碗は実家から借りてきたものです。
いわゆるはね物として、流通には出回らない品で、
縁あって家にありました。
ふだんは実家の台所のキッチンキャビネットに、
食器と一緒に入っています。

9 ohi02

素人目にはなんら問題ないの品。。
茶の心得もほとんどない私が点てても、
いい具合にお茶が泡立ち、手取りもぴったり、
唇への当たりもよく、飲みやすい。
こればかりはどうしてかと先代にお聞きするほかないのでしょうが、
既に鬼籍にお入りになっていらっしゃる方では、
いかんともしがたく。

せいぜい、使って楽しみたい一碗です。

9 ohi





2 Comments

かの says..."寒くなりましたね~"
先日は、この、お茶碗で、お薄を頂きました
楽しい時間と空間、ありがとうございました

「手取り」って表現、あるんですね~
今度、使います(笑)
本当に、ポテッとしていて、女性の手でも持ちやすい、お茶碗でした
2010.10.29 20:20 | URL | #- [edit]
花がたみ@かたかご庵 says..."Re: 寒くなりましたね~"
○かのさん
先日もありがとうございました。
お陰さまで皆さんで楽しい時間を
ご一緒することができました。

手取り、そうですねぇ。
ちょうど手になじむ、
人間工学にかなった大きさといいましょうか、
考えられた寸法です。

昔の器にはそういうものが多く、
ちゃんと使う側のことを考えているなあと
感じることが多いです。

2010.10.30 17:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。