【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

「もてなしの心を磨く、金沢美人になる時間」終わりました。

0

開催前2


5月30日、フェリシモしあわせの学校春のオープンクラス
「もてなしの心を磨く、金沢美人になる時間」が県立美術館広坂別館で行われました。
金沢分校開校記念ということで講師合同で行う初めての講座で、
私は1時間目「しつらいレッスン」を担当させて頂きました。

今回のしつらいのテーマは「加賀百万石」。
まずは伝統工芸、食文化、もてなしの文化が金沢で発達した時代背景などや、
しつらいのポイントなどお聞きいただいて、しつらいに入りました。
受講者には利家、まつの方、うめの3チームに分かれていただき、
利家はうめ、うめはまつの方、まつの方は利家のグループをそれぞれもてなす設定です。

午前のしつらい2

センターピースには帯やランナーなどをひき、
利家やまつをイメージして作ってもらった花や燭台などをしつらいしていくと、テーブルの上がにわかに華やいで、
加賀百万石らしさがでてきました。

午前のしつらいお菓子8

また個人個人のパーソナルアイテム部分には、
3時間目のお茶時間で使う古伊万里のお皿や猪口、
明治の印版やプレスガラスなどを並べていきます。


花嫁のれんの向こうで2時間目*高森さんの陶芸体験をしてもらっている間に、
3時間目*つぐまさん、村中さんによるお茶時間のお菓子とチーズを器に盛っていきます。
すると器に命が吹きこまれ、また雰囲気が変わります。
人が集う、もてなしのあたたかな空間が誕生しました。

そこへ陶芸体験をおえた受講生の皆さんが戻ってこられると、「わあ~」という歓声。
講師一同、にんまりの瞬間です(笑)

その後、枡を使った三輪さんの楽しいクラフト体験も行われて、
すべての講座が終了になりました。


午前のしつらいお菓子5


今回のしつらいレッスンは、ふだんのしつらいレッスンの半分という
とても短い時間で行っていただきましたが、
受講生の皆さまにはおもてなしの心、
しつらいの大切さや面白さ、そしてそこに流れる時間など、
体感していただけたのではと思います。

がんばった受講生の皆さまに拍手!!
そして、大変ありがとうございました。
日々の暮らしのアクセントとして、
これからもしつらいを楽しんでいってくださると嬉しいです。

お茶時間午後 つぐまさん

秋にもオープンクラスが開かれます。
どうぞお楽しみに。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。