【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里色絵なます皿に。

0

向付け

15日土曜日、金沢大野湊神社春季例祭で奉納されていた
神事能を見にでかけました。

ちょうどレイラインハンター仲間のTさんが東京から富山に帰省されていて、
JR金沢駅で待ち合わせのあと神社へ向かいました。

新緑に包まれた境内には開演を待ちわびる大勢の人の姿。
この神事能は連綿400年以上も奉納されてきた由緒あるもので
今年は401回目を迎えました。
加賀藩祖前田利家が戦乱のため荒れ果てていた神社を復興し、
神前へ奉納されていた舞楽も復活させ、金沢市の無形文化財にも指定されています。

この日の演目は、

○素謡
 箙
 東北
○連吟
 羽衣
○能
 半蔀
○仕舞
 岩船
 羽衣
 田村
○狂言
 素袍落
○能
 葵上

能の2番がともに源氏ものなのは、
昨年の源氏物語千年紀に由来したのでしょうか。

これらを最後まで視ていたかったのですが、
あいにく2時過ぎからかたかご庵で打ち合わせがあり、
素謡と能の半蔀までを視て庵へ。

しかしながら、境内のそこここにある屋台の誘惑に負け、
鳥居をくぐって出るころには、
手には大判焼き、お好み焼き、たこ焼きの
三種の焼き焼き神器(なんてないです)。

庵につき打ち合わせをしながら頂きました。
お祭りのたこ焼きも古伊万里のお皿に盛ると、
それなりに・・・。

imariiroeoogi041.jpg

imariiroeoogitakoyaki042.jpg













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。