【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

小ぶりな折敷に。

0

miniosikiDscf0009.jpg

miniosikihimuroDscf0007.jpg


明日7月1日は金沢の夏の風物詩、氷室開きが行なわれます。
藩政時代、加賀藩では毎年氷室で保存した氷雪を
江戸の将軍家に献上していました。

これに合わせて藩内の人々が蒸饅頭を作り、
無病息災を祈って食べたのが氷室饅頭の始まりとされています。
毎年6月下旬から氷室の7月1日まで、
市内の和菓子さんの軒先には「氷室饅頭」の張り紙が見られます。

素朴な味わいの饅頭は酒蒸し。
包みを開くと芳醇な香りがします。
私の好きな酒蒸の味はなんと言っても越山甘清堂さんのもの。
たぶん三つくらいは一度に食べられます!
(写真は村上のもの)

いつもはお皿に盛る前にぱくっと食べてしまう氷室饅頭を、
今日は折敷にうやうやしく。
この折敷は小ぶりなので、
雛祭りの頃には散らし寿司をのせ器としても活用しています。


Category :

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。