【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

椿皿に。

0

iwaidai.jpg

弥生三月。
寒さのなかにも、どこか春の息吹が感じられますね。

まもなく迎えるひな祭り。
金沢では鯛や桃、野菜などをかたどった砂糖細工「金華糖」が供えられ、
いっそう華やいだ雰囲気をかもしだしてくれます。
ただこれは砂糖を木型に流し込んだもののため、
美味しく食べることには適していません。

その点、写真の落雁「祝い鯛」は美味です。
先日あるイベントの打ち合わせがあり、
打ち合わせのお店まで同乗させていただいたMさんに教わったお菓子です。
娘さんの桃の節句のお祝いにと、お求めになっていらっしゃったのですが、
あまりの可愛さに私もつい財布のひもが緩んでお買いもの。
祝い鯛は大小2種類の大きさがあって、
大は(約20センチ)600円、小は(7センチ)130円。
めでたいお菓子ですから、寿ぎの朱も鮮やかな椿皿に盛りました。

撮影後は祝い鯛だけに、食べタイ……。
お腹には餡も入っていました。
お祝い事にぴったりの愛らしい落雁です。

祝い鯛のお求めは越野菓子舗さんへ。



Category :

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。