【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

明治時代の色絵伊万里の皿に。

2



先日おこなった、しつらい教室のあとの食事会。
例によって写真を撮る余裕がもてなかったのですが、
少しだけご紹介します。

今回は桃の節句ですし、やはり華やかな器を使いたいと思いました。
そこで持ち出したのが明治時代に焼かれた、
輸出用色絵伊万里の皿です。

見込みに牡丹、リムの部分は窓絵で花鳥風月が描かれています。
明治になると使っている釉薬も江戸の頃にはない、
パステルカラー調が見受けられます。

この華やかなお皿に盛ったのはスモークサーモンの中華風サラダ。
サーモンはそのままでも充分美味しいものですが
ごま油、みりん、お醤油をあわせたものに10分ほど漬け、
水にさらしたスライスオニオンの上にのせ、
仕上げに炒り胡麻をぱらぱらちと散らしました。

これと対をなして作っていたのが蕪と蛸のサラダ。
酢、みりん、オリーブオイル、レモンで和えて、
こちらは染付けの器に盛りました。

赤いサーモン、蕪の白で紅白にしたつもりだったけど、
たぶん皆さん気づかなかったかもしれません(苦笑)。





2 Comments

宇企子@宇吉堂 says..."はい・・・"
紅白混ぜて、ももいろ・・にはなりませんが・・

お口にパクッ・・でごちそうさま。

眼でいただく優雅さを身につけなくては・・

器の説明とレシピの公開もしていただき、ありがとうございます。
2010.02.25 12:19 | URL | #- [edit]
花がたみ says..."No title"
○宇企子さん
コメントありがとうございます。
お品書きも作ればよかったとあとから反省。
また今度に活かします。
2010.02.25 21:45 | URL | #FCp7nJFY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。