【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

大津絵の絵葉書を。

3

大津絵 鬼の寒念仏



大雪もやみお日さまのさす午後、1月のしつらい教室を行いました。
テーマは節分。

節分をとりまくコスモロジー、各地の風習などをひもといたあと、
それらを頭においてご参加いただいた194さん、taikoさんに
しつらいをしていただきました。

それぞれ節分をイメージして持ってきていただいた物と、
こちらで用意した豆、枡、ひいらぎ、鬼のモチーフ、ザル、籠などを使います。
写真はtaikoさんのしつらい。
枡、柊、豆、椿皿、大津絵の絵葉書を使っています。

背面から手前のライン、枡と椿皿の位置、柊の緑と椿皿の赤の対比など
気をつけていただきました。

このしつらいに使っていただいた大津絵は、
江戸時代寛政のころ(1624~44)、滋賀県大津で誕生したものです。
当時は仏画として描かれていたものがやがて世俗画に変わり、
題材も藤娘、雷、鬼などがユーモラスに描かれました。
江戸後期には東海道をいく旅人の護符、お土産としてさかんになったそうです。

鬼は「鬼の寒念仏」という題名で子供の夜泣きに効いたとか。
この鬼さんには豆をぶつけるには可哀そうかな。


さて次回のしつらい教室は、2月20日(土)です。
テーマは桃の節句です。
実家のひな飾りも飾ります♪

いつもより少し早い11時頃から始めて、
しつらい後は、甘酒なんぞ頂きながら
皆さんで一足早く桃の節句を楽しみたいと思います。
詳細は後日。
ご参加お待ちしています。




3 Comments

194 says..."ありがとうございました"
ブログでお店を拝見していましたが、
やっと伺うことができました。
「百聞は一見に如かず」 ですね。
花がたみさんの暮らし方が伝わり、
とてものどかな気持になりました。

月一回のしつらい教室、
なるべく通えるようにしたいと思います。
よろしくお願いいたします。
2010.01.18 11:30 | URL | #Mwlh7svM [edit]
みるる says..."季節感ありますね。"
どうだ! と言うのでもなく、さりげなく楚々とした室礼に
日本人のほのぼのとした優しさを感じます。
私も、しつらいの教室に参加したいなぁ。

お近くの方達が羨ましいです。
2010.01.18 16:28 | URL | #4lXsiBFM [edit]
花がたみ says..."日々のアクセントに。"
◎194さん
こちらこそありがとうございます。
静かな場所ですがそのくらいがちょうど良いでしょうか。
今度来られるときは大野の町も散策~。
しつらい教室はマイペースでコツコツやっていきます。
御都合の良い回に、またどうぞ宜しくお願いします。


◎みるる様
そうですね~。
気持ちを物に託し表わすところは、
虫の音に耳を傾けられる日本人らしさ、なのかもしれませんね。

しつらい教室に参加くださった方々によると、
ふだん使わない部分の脳が活性化するそうです(笑)。
いつか金沢へお越しの折には体験くださいませ。


2010.01.18 23:34 | URL | #g4XmMaf. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。