【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

花嫁のれん。

6

200910181210000.jpg

この夏は麻ののれんをオエの間と座敷の間にかけていましたが、
もう10月も下旬にさしかかり、そろそろ片付けようと思っていた矢先、
母が「花嫁のれん」を貸してくれました。
彩り豊かな加賀友禅の花嫁のれんのおかげで、
ぐっと部屋が華やかになりました。

金沢の嫁入りでは、
結婚式の前に嫁ぎ先の仏壇にお参りをする風習があります。
結婚式を家で行わなくなって久しい今では、
少なくなった風習かもしれません。

花嫁のれんは、花嫁が「花嫁のれん」を嫁入り道具として持参し、
式の当日、嫁ぎ先の仏間の入口にかけておきます。

嫁ぎ先の玄関で合わせ水という儀式を終えたあと、
花嫁がこののれんをくぐって、先祖のご仏前に座ってお参りをし、
それから結婚式をあげました。

こののれん、母の大切な品ですから、
当然、売り物ではございませんが、
11月の催しのときにはかけて、
皆さまにご覧いただきたいと思います。


<合わせ水の儀式>
実家の水と嫁ぎ先の水とを白い盃に注ぎ、
花嫁は飲み干したあと、
盃を地面に打ちつけて割ります。






 

6 Comments

多々良堂主 says..."はじめまして、こんにちは。"
はじめまして、こんにちは。
花がたみ 様のブログを拝見させて頂きました。
まさに、シンプルイズベストの見本のような、
とても綺麗なブログですね。
よろしければ、私のブログにも遊びにきてやって下さい。
私は、絵画・刀剣などを書いています。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。

失礼します。
相互リンク、お願いできませんでしょうか。
2009.10.23 11:35 | URL | #- [edit]
花がたみ says..."ありがとうございます"
多々良堂さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
刀剣は門外漢の分野、
こちらも勉強させていただきます。
2009.10.24 18:41 | URL | #- [edit]
はな says..."No title"
花嫁のれん、話には聞いていて友禅の工房などで飾ってあるのは
見たことがあったのですが、、、
こんな風に実際に使われた物は、初めて拝見しました。
素敵ですね~こんな風にお嫁入りするってすごいですね。
2009.10.25 08:41 | URL | #- [edit]
花がたみ says..."No title"
はなさん。
こんにちは。コメントありがとうございます。
実は私のときも、これを借りて仏壇参りをさせてもらいました。
浄土真宗が暮らしに根付いていたころの名残の風習を
彩ってくれています。

七尾の方では、「花嫁のれん展」をおこなって、
観光客誘致に一役かっています。
考えてみれば一度きりしか使われずに(今はそうでもないか)、
蔵や箪笥にしまいこまれているのは勿体ないですものね。

ところで、秋ですね~。
はなさんのお料理の腕がますます冴える季節!
モンブラン、美味しそうでした!!
2009.10.25 12:46 | URL | #- [edit]
とんぼ says..."こんにちは"
「花嫁のれん」のこと。勉強させていただきました。
のれん自体も素晴らしいものですが、
実際に結婚式で使われた風景が目に浮かんできますと、
一層、ステキに感じられますね。

合わせ水の儀式、嫁ぐ決意を、感じますね。

それでは。

2009.10.31 12:56 | URL | #yGOL833Y [edit]
花がたみ says..."No title"
とんぼ様
コメントありがとうございます。
浄土真宗がさかんだったこの地の慣わし「仏壇参り」があって、
こののれんが生まれたのかなと思います。
これは友禅染ですが、藍染めのものもあります。

2009.10.31 22:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。