【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

越中八尾丸山焼の飯碗に。

2



okowa200905040932001.jpg

越中八尾曳山祭のあった5月3日。
天候にも恵まれ、多くの方が新緑の八尾を訪れていました。

お祭りにあわせ、八尾の店も開店。
上新町の曳山に、些少ではありますが御花もうたせていただきました。

店番をしていると、いつもお世話になっているご近所の建具士のYさん、
喫茶店のママさんからおこわの差し入れをいただきました。

おこわというと小豆のお赤飯を思い浮かべますが、
富山のこの地域では金時豆がはいったもの。
豆の甘みがやさしい味わい。

八尾のお祭りで頂いたおこわだから、
盛った器も八尾の丸山焼に。
金時豆の赤と器の赤が響きあいます。





2 Comments

はな says...""
おはようございます。

このお椀、丸山焼というのですか、、、
落ち着いた赤色が、とっても好きです。
金時豆の色とよくあって、素敵!!

おこわと言えば、こちらも金時豆や
甘納豆を入れて炊いたり、なんですよ~
最初は、甘いおこわにびっくりしました。
2009.05.08 07:39 | URL | #- [edit]
花がたみ says...""
はなさん。
こんにちは。
色絵の多い丸山焼のなかでは、
赤絵だけのは珍しいかもしれません。
ちょっと九谷の赤絵を彷彿させますよね。

信州でも甘いおこわが!
お隣あっているから食文化も交流があったのかな。
これはこれで美味しいですよね!
2009.05.08 15:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。