【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

手塩皿とりどり。

0

tesioDSCF0013.jpg

tesiokokutokanDSCF0015.jpg


6月15日~18日まで「涼をよぶ 和ガラスと古伊万里染付展」を開催し、楽しい4日間を過ごさせて頂きました。

展覧会のもようはこちらからどうぞ。

さて写真の小皿たちはいずれも直径10㌢ほどの手塩皿というもので、私の住む地方では「てっしょ」となまって呼ばれています。
ふつう10枚、20枚の組み物で売られて使われていたものが、いつしか半端になって仲間からはぐれていった子たち。
寸法が同じなのでさまざまな模様を楽しみながら、寄せて使っています。

器の上には黒糖寒天。ついついツルリとした喉ごしのよい冷たいものに走ります。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。