【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

乳白氷コップに。

0

milky icecup

nigauri icecup


暑くなってくると食べたくなる野菜のひとつがゴーヤです。
暑さに打ち克つような、そんな気にさせてくれます。

つい先日、フードコーディネーターのしもおきさんに講演して頂いたなかで、
フードマイレージのお話を聴いたばかりでしたが、
ポップにゴーヤの本場「沖縄産」とかかれてあると、
ついつい、手が伸びてしまいますね~。

ゴーヤを縦半分に切ると、
ふかふかのワタのなかに種が大切に守られています。
この種を守るワタに苦みの成分が多くあるそうですので、
苦いのが苦手な方は、ワタの部分をスプーンでよくこそぎましょう。

今日はあっという間にできるゴーヤとツナの和え物を作ってみました。
ゴーヤを薄くスライスしたあと、さっと熱湯に通し、冷水でしめてから塩もみ。
苦いのが好きな方は熱湯に通さず、塩もみだけでもOK。
そうしてツナとコーンとで和えるだけでできあがり。

ゴーヤを塩もみした塩分だけでも充分いけますが、
好みでほんの少しお醤油たらしても良いでしょう。
器に盛り、冷倉庫でしばらく冷やすとなお美味しいです。

盛った器は昭和の中頃の乳白氷コップ。
氷コップは高さがあるので、食卓のアクセントにもなります。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。