【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

プレスガラスのボウルに。

2

blue m boul

syunngikusalad.jpg


金沢産の生で食べられる春菊が出まわっています。
冬にでまわっていた鍋もの用とは違い、
この春菊は葉っぱだけで、あの独特の香りもほのかです。

春菊はさっと水洗いをしたあと食べやすい大きさに手でちぎり、
同じくちぎったレタス、ブルーチーズを加えていきます。
そこへ、これまた最近見かけるようになった、オレンジ色のレモンをひと絞り、
オリーブオイル、塩、胡椒で味を整えて出来あがり。
春菊の香りとレモンの酸味が、爽やかなサラダに。

盛った器は昭和中頃のプレスガラスの青いボウル。
野菜のグリーンを、より瑞々しく引き立ててくれました。

2 Comments

mocca says...""
生で食べれる春菊ですか?
それは金沢特有なんですかね。
サラダとかのアクセントに使いたいですね。
2008.03.17 22:49 | URL | #QSC0Ae1E [edit]
花がたみ says...""
moccaさん。
加賀野菜として「金沢春菊」という名で流通しているかも。これはそのなかでも大葉春菊いう葉に切れこみのないものです。葉の触感は生のほうれん草みたいかな。香りが強くたたないから、他の素材の味を殺さずハーモニーを奏でられると思いますよ。。
moccaさんの手にかかった大葉春菊料理、楽しみにしてますよ!
2008.03.18 00:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。