【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

明治時代のリキュール盃などに。

2

umeume.jpg


昨年の初夏にしこんだ梅酒とナワシロイチゴのリキュールが、
半年かけて飲みごろになりました。

左手の小さなカットグラスには氷砂糖とリカーでしこんだ梅酒。
奥の小さめの剣先コップには氷砂糖と黒糖とリカーでしこんだ梅酒。
右手のグラビュ―ルで葡萄の模様が彫られたリキュール盃には
氷砂糖とリカーでしこんだナワシロイチゴのリキュール。

梅の甘酸っぱい香り包まれながらヘタを取りつづけたことや、
虫や小鳥と先を争そいながら、
ナワシロイチゴを摘みとったことを思い出しながら、
琥珀色、飴色、ルビー色に生まれ変わった
植物の命を小さなグラスたちのなかに見ています。


2 Comments

ひーろ says..."はじめまして"
明治のリキュール盃に、ご自分で作られたナワシロイチゴの
リキュールを飲むとはなんて優雅で豊かなんだろうか…
はじめまして。金沢市のひーろと申します。
ナワシロイチゴってどんなイチゴなんだろう?
僕も和ガラスが大好きで、明治の盃、徳利、お皿などを持っています。
儚くてあやうくて宝石のような明治の和ガラスに
なぜか惹かれてしまいます…
僕のように鑑賞ではなく、ご自分の食事に
使ってらっしゃるのはすばらしいですね
きっと時も普段よりゆっくり流れるのではないでしょうか
2008.02.03 19:28 | URL | #- [edit]
花がたみ says..."ナワシロイチゴ"
ひーろさん。
初めまして。コメントありがとうございます。
ナワシロイチゴの写真が7月1日の記事にありますので、
宜しかったらご覧ください。
ツルに棘があるので、摘む時は痛い思いもします。
和ガラスは不完全さがよいですね。
2008.02.03 20:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。