【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里色絵七寸皿に。

3

iroe7sun.jpg

koubako.jpg


ようやく雪が積もり、冬らしくなりました。
これから日本海の冷たい海で育った魚介が
ますます美味しくなってきます。

ただ昨年の11月初旬に解禁したズワイガニ漁は1月10日で終わり、
もう食べられないかなと思いながら鮮魚売場を覗くと、
まだありました!

ズワイは山陰ではマツバガニ、福井では越前ガニと呼ばれています。
昨今ではブランド化して売上げを伸ばそうと「加能ガニ」というタグをつけられ、
関東、関西に流通しているようですが、
何もかもブランド化して値が上がるのでは、庶民の食卓はちょっと辛いものが。

実際、金沢の一般家庭ではズワイよりも
ズワイのメス、コウバコ(漢字で書くと「香箱」)の方が
よく食べられている気がします。
ズワイより小ぶりだけれども、内子のほか外子も楽しめて美味しく、
昔はオヤツ代わりに食べたといいます。

そのコウバコを盛った器は、古伊万里色絵七寸皿。
そこまで手を抜いて描く~?と思うほど力の抜けた筆致で、
若松、陰陽文、寿、福などが描かれた一枚。
白地の多いあっさりした絵付けに、
コウバコの紅が映えます。



《美味しい余談》
この日、ヴ―ヴ・クリコ社のシャンパンを貰いました。
すっきりした甘みがコウバコの美味さを邪魔せず、
双方、よく合いました。






3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.01.13 23:30 | | # [edit]
mocca says...""
古伊万里に香箱は綺麗ですね。
内子の味もよりアップしそう。
2008.01.18 11:10 | URL | #QSC0Ae1E [edit]
花がたみ says...""
○moccaさん。
昔の器は天然から生まれた色を使っているから、
同じく自然の恵みの食材とも馴染むのではと思っています。
moccaさんなら、もっと上手に盛り付けができるんでしょうね。
いつかプロの技を伝授していただこう!

2008.01.19 00:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。