【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

丸山焼の色絵小皿に。

0

maruyamakozara.jpg

maruyama-choco.jpg


富山市八尾には2つの窯がかつてありました。
一つは丸山という地区で幕末から明治末まで焼かれていた丸山焼、
もう一つは同じころ石戸という地区で焼かれていた石戸焼です。

丸山焼は時代がさがるに連れ、
瀬戸より白磁の器を仕入れて絵付けのみを施していったようです。
そのせいか市場では瀬戸の色絵として通っていたり、
あるいは伊万里の下手として扱われていることも。

暮らしに馴染んだ生活雑器で、
軽やかな筆致と色鮮やかさが特徴です。
チョコレートをのせたこの小皿も寿の文字が浮かんだ
瀬戸の器に絵付けされた愛らしいもの。
丸山の中では上手の部類に入るでしょうか。

もう一つの窯、石戸焼の方は未だ手にしたことがありません。
いつかまた紹介できればと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。