【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

砥部焼くらわんか皿に。

先だって表向きの仕事で大阪へ出張しました。前日まで猛吹雪の金沢、大阪に向かうサンダーバードは運行するか心配していたのですが、当日はみごとな快晴で、時間通りに大阪、そして仕事先へ辿りつけました。ところで大阪には母方の叔母と従妹が住んでおり、出張の帰りに久しぶりに会うこともできました。帰りの電車時間が迫る中、従妹がわざわざ買ってお土産にくれたのが、な、なんと、たこ焼きとだし巻の缶詰。「自分ではよう買っ...
0

三春のお雛様。

江戸時代から連綿とつづく福島の三春人形。小正月の催事には、私の大好きな橋本広司民芸のお雛様たちもやってきます(^^)以前、工房を訪ねたおりの記事「三春人形のふるさとへ」はこちら。愛らしいお雛様たちは小さなお盆や千代紙にのせて、お玄関やリビングにしつらえるとその場が華やぎます。春を待つ日々、ぜひお傍にどうぞ。*******************  『旧暦で楽しむ小正月の時間』   日時 2016年2月20日(土...
0

福梅ちょこ針山づくり。

『旧暦小正月を楽しむ時間』では、愛らしい梅型の針山を作ります。梅型の針山部分は色彩鮮やかな縮緬、正絹のはぎれ、土台には古伊万里や九谷焼の盃を持ちいます。実際に使っても、しつらえとしてお部屋に飾ってもよいです。春待ちの心を梅に託して。・2月20日(土)11~17時 21日(日)11~12時、3時~5時・参加費 500円 + 猪口代300円~1800円*猪口はご自宅から持参されても良いです。盃の直径は4センチ程度。*******...
0

小正月のしつらいWS。

2月21日の『旧暦で楽しむ小正月の時間』では、『小正月のしつらいWS』を行います。小正月とは1月15日をいい、今年は2月22日が旧暦の1月15日にあたります。大正月で忙しく働いた女性をねぎらう意味や、農家では五穀豊穣を祈り予祝の餅花をつくり、農耕神に捧げました。養蚕の盛んな地域ではお餅のかわりに繭をもちい繭玉とも呼びます。WSでは小正月のいわれを紐解きつつ餅花飾りを作ります。出来あがった餅花飾りはお持ち帰りい...
0

豆月さんの1day Cafe 。

2月20日の『旧暦で楽しむ小正月の時間』には、去年の夏の企画展で黒豆かんや黒豆シフォンケーキをご提供頂いたまめやmiあらため豆月さんが1dayCafe で再び♪ 今回はその名も福々しい「五色福豆しるこ」をご用意いただきます。まず七輪や長火鉢の炭火で、お客様ご自身で焼いて~?お餅がこんがり焼きあがったら、色どりも味わいも豊かな五色福豆しるこに仕立てます。ご自分で焼いたお餅でのお味はまた格別でなはいでしょうか。豆月...
0

『旧暦で楽しむ小正月の時間』のご案内。

旧暦の小正月をひとときを、火鉢にともる炭火を囲んで、ほっこり、ゆったりしにいらっしゃいませんか。今年の旧暦1月15日は2月22日ですがあいにくの平日ですので、前倒しで2月20日・21日(11時~17時)に、『旧暦で楽しむ小正月の時間』を行います。 『旧暦で楽しむ小正月の時間』2月20日(土) ・豆月さんの1day Cafe 11時~17時・福梅ちょこ針山WS   11時~17時 2月21日(日)・福梅ちょこ針山WS   11時~12時 、15時~...
0

金継ぎ自主練の巻、その2。

所用が重なり、ようやく金継ぎの自主練。今夜はエタノールで薄めた生漆で、欠けた部分やニュウの部分をなぞりました。これは次の作業のための下準備でもあったり、金を蒔かず漆だけで直したい場合、これを何回も繰り返してニュウの進行を止めます。ニュウを金で蒔くときは、ニュウをル―タ―でなぞってガラス質の釉薬を削り、漆を塗っていきます。前回に掲載した写真の左上に写っている、無残に割れた丸山焼き飯碗の蓋をつなぐため、...
2

金継ぎ自主練の巻、その1。

先週金曜日の夜、金継ぎ教室の初回でした。既に前クールで習っている方々や、常連の方、教室初めては私を含め2人。先生は小鳥が囀るように可愛らしい声で話される漆芸家の名雪さん。漆のもつ特性や繕いについてお話をお聴きしながら、手を動かしていきます。見渡すと、けっこう皆さん大胆に割れた鉢やカップをお持ちになっていて、私ももっと割れた物を持っていけば良かったかなと思ったりしました。陶磁器を繋ぎ合わせるための麦...
0

金継教室参加準備の巻

今週金曜日にある金継ぎ教室にむけて持っていくものを用意しました。カッターナイフ、タオル、直したいもの3点。3点、何をもっていこうかなと思案し、ニュウ(ひび)のはいった印版の猪口、欠けた色絵小皿、割れた染付小皿とそれぞれ状態の異なる3点を選び、いろんな直し方が学べるようにしました。...
0

繕いを習いに(^-^)。

物事にはその場の勢いというものがあり、今週から工房ひょんの木さんで行われる金継ぎ教室に通います。これまで自己流で金継ぎを行っていたこともありましたが、漆の乾き具合の判断や金を蒔くときのタイミングが上手くつかめず、中途半端で終わってしまいました。それでいつか漆の扱いを専門家から習いたいと思っていたところ、昨年の暮れの企画展のおりに、お客様から教室のことを教えて頂き、翌日に申し込んだ次第。3ヶ月全6回...
0

古伊万里色絵の小皿に。

やってきました、みかん大福の季節。金沢市大野町の粟森梅月堂さんの店先に並び出しました。小さなおみかんが丸ごと一個入っており、上品な甘さの白あんと一緒に、お餅で包まれています。一口ほおぼると甘いみかんの果汁がじゅわーと。ほぼほぼ、みかんなので、一度に2~3個食べれてしまふ・・・キケン・・・。春3月末まで限定のみかん大福、大野町にお越しのおりはぜひ立ち寄って味わってくださいませ。万が一売り切れていても、...
0

霊芝文のお皿に。

先日実家でテレビをみていたところ、料理研究家が春巻を作っていて、それがとても美味しそうでした。で、目下春巻きブームが到来^_^;昨日の春巻の具材は海老&九条ネギ、ホタテ&大蒜の2種をそれぞれ巻き、オイスターソース+ケチャップを水でのぼしたもので頂いてみました。そして今日の具材は鶏挽肉&シソの葉をテンメンジャンで味をつけ巻きました。ソースはオイスターソースを用意しましたが、すでにテンメンジャンで味がしっ...
0

苔玉を使ったお正月のしつらえ。

昨年の暮れにおこなった「お正月の苔玉」WS。親子でご参加いただいたOさんから、とても素敵に苔玉をアレンジしてしつらえてくださった写真が届きました。しつらえはお母上。あまりに素晴らしいので、ご了解を得てアップさせていただきました。半月盆の上に作っていただいた苔玉、そのうしろに寒さ除けの菰にみたてての簾*、竹で編んだ玉が葉ボタンの紫とも呼応し、水引やピックでよりお正月のらしさが演出されています。こんな...
0

新年おめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。旧年も大変お世話になりました。かたかご庵がモノと人、人と人を結ぶ場に、またモノを通じて幸せと安寧を暮らしにお届けできるよう努めてまいりたいと思います。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。