【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

かわうそ兄弟商會の理工系藍染めのこと。

山猫さんこと小林敏也さんとのご縁をつないでくださったのが、かわうそ兄弟商會の羽生田さんでした。最初は某SNSのかわうそアイコンに、おや?これはと惹かれたら、それは小林敏也さんの手によるもので、そしてそこからさらHPにとんでいって、かわうそ兄弟商會さんの手掛ける藍染作品を拝見、いやはや、これまた一目ぼれでした。賢治や朔太郎、中也の言の葉が、深い藍のなかにたゆたうさまは、芸術と文学のまさに融合いや化学反応...
0

画本・宮澤賢治シリーズのこと。

かつてパロル舎という出版社がありました。wikiではこう紹介されています。かつて存在した日本の出版社。第13回宮沢賢治賞を受賞した小林敏也のシリーズ『画本・宮澤賢治』(全15冊)をはじめ、印刷・造本にこだわった絵本・児童書を主に出版していた。小林のほか、赤い鳥文学賞受賞画家の金井田英津子の『猫町』、泉鏡花賞受賞作家寮美千子の小説、ブラチスラヴァ国際絵本原画展グランプリを受賞した出久根育のグリム童話『あめふ...
0

もうひとつの幻燈会 『お寺幻燈会』@聞善寺

かたかご庵での幻燈会の翌日9月22日午後3時から、瓢箪町にある聞善寺(もんぜんじ)でも、山猫あとりうゑ・小林さんとかわうそ兄弟商會・羽生田さんによる幻燈会があります。震災と原発爆発事故のあとのこと、賢治のいだいた希望の明かりは私たちの胸のなかにも、作品を通して灯ります。お誘いあわせ、お出かけくださいませ。お問い合わせは 聞善寺まで。 TEL.076-261-7374………………………………………………………………………………………………...
0

風の盆前夜祭、今日から!

今日8月20日から30日まで、「風の盆前夜祭」です。1日1町担当で午後8時~10時まで行われます。(雨天中止)詳しくはこちらの 総合案内 をご覧になってください。8月20日(木) 西新町 西新町通り 8月21日(金) 今町 今町通り 8月22日(土) 上新町 上新町通り ★8月23日(日) 福島 ふれあい広場・駅前通り 8月24日(月) 諏訪町 諏訪町通り 8月25日(火) 西町 西町通り 8月26日(水) 鏡町 鏡町通り 8月27日(木) 天満...
0

町庭産鉄媒染液つくりました。

9月5日~6日に大野町で開催される「こまちなみなーと2015」。こまちなみなーとは醤油醸造協業組合をはじめとする様々な町の関係団体、組合、住民らが協力しあい運営しています。そのなかのひとつ大野こまちなみ研究所は大野町在住の20歳~自称40歳代の町内外の人々がかかわり、大野町をより魅力ある町にしようと活動しています。今年の春から取り組んでいたのがコミュカフェともちどり裏を庭として活用することでした。オーナ...
0

「賢治の世界と、東北・岩手のランチの会」ご案内

9月の企画展のなかの特別企画第2弾は、「賢治の世界と、東北・岩手のランチの会」。講師は、絵本と童話のごちそう案内人、宮澤賢治学会会員の中野由貴さん。中野さんは童話・絵本をテーマに料理創作・研究、執筆などで活動されており、絵本を味わえる料理教室や日本各地で食のイベントなども開催されています。 またフェリシモしあわせの学校では、いわてイーハトーブ花巻分校世話役も務めていらっしゃいます。毎年9月岩手県花巻...
0

「青いみな底の幻燈会」ご案内

(画本宮澤賢治シリーズ「やまなし」より ) 9月の企画展のなか特別企画が二つ。第1弾は、9月21日に「青いみな底の幻燈会」を行います。おりしも21日は賢治さんの命日です。幻燈会では画本宮澤賢治シリーズ「やまなし」と「雨ニモマケズ」をポジフイルムにし、大きなスクリーンに映しだして朗読とともに楽しみます。この日、映写してくださるのは、贅沢にも原画を描かれた小林敏也さんご本人! 会の合間には、小林さんのミニト...
0

「山猫あとりゑ+かわうそ兄弟商會展 ー賢治と藍いろー」

来る9月19日より、かたかご庵、そしてもろみ蔵の2会場にて、「山猫あとりゑ+かわうそ兄弟商會展」を開催いたします。山猫あとりゑこと小林敏也さんは、賢治の世界を「画本(えほん)」として出版することをライフワークとされています。小林さんの画の魅力は、印刷技術も視野にいれて隅々に神経をいきわたらせ昇華させた宮澤賢治の世界にあります。それゆえ本は絵本ではなく「画本」とよび、「画本」は賢治の文学と小林さんの芸術...
0

草木染めワークショップのお知らせ

☆8/20 満席になりました。ありがとうございます。9月5日・6日、今年も港町・大野を舞台に「こまちなみなーと」が開催されます。かたかご庵ももちろん参加します。今年は日本伝統の草木染めを体験するワークショップを行います。草木染めとは身近な草や木の皮を煮出して染液をとりだし、それに布や糸を浸けこんで染める染色方法。化学染料が出回る前までごくごく普通に行われてきました。今回の草木染では「カリヤス」を使います。...
0

乳白ガラスの小皿に。

毎日おあつうございます。でもあと3か月もたてば北陸の空は鉛色の雲に覆われ、霙、あられ、雪が降りだすのかと思うと、暑さも堪能せねば(苦笑水分、塩分をほどよくとり、気を付けたいところです。あまりの暑さに食欲も落ちがち。自然と味付けも濃いものを好みます。水煮の蓮根を鶏肉のミンチとあわせ味噌で甘辛くきんぴらに。香りもごちそうな五香粉も少々合わせています。盛った器は乳白ガラスの小皿です。ガラスの色は主に金属...
0

輪繋ぎ紋プレスガラスの小皿に。

私にとっての古いプレスガラスの魅力は、まだまだ技術の発展途上のところにあります。エッジがギザギザであったり、ガラスが冷える際にできてしまった皺だったり、型取りの型の跡が残っているところだったり、そういうところに惹かれます。また社会全般が西洋文化を取り入れるようとしている時代、ガラス製品の模様にもそれがみてとれたりするのもとても楽しい。偏愛です(^_-)-☆偏愛といえば、わたくし、和菓子の餡にも偏愛があり...
0
該当の記事は見つかりませんでした。