【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

草花はいいですね。

5月2日から行う企画展のなかでおこなうワークショップ「野花の投げ入れ」(5/6)7は午前 4名様 / 午後 4名様それぞれお申込みいただきました。ありがとうございます。開催前に茶花などの本を眺めて楽しんでいます。同じく会期中に行う「厨流 みたての茶事手習い」は11時~ 、13時半~ の回にまだまだ余裕ございます。あらら(苦笑メールにてお申込みお待ちしています。メール antiquegallery_katakago★live....
0

ひさびさメトロポールのマフィン!

このモフモフ、ツタの茂る建物・・・そう、熊本の、あの、メトロポールの、マフィンがかたかご庵にやってきます。セツコさんが焼きやきしてくださった、んまーーい、マフィンは会期中前半のなごみカフェでお出しします。かわって後半は、粟森梅月堂さんに特注した上生菓子をお出しします。おのみものと一緒にお楽しみくださいませ。店主も今からとても楽しみ。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 『み た て 花とうつわと古道具』 2015年...
0

丹波の石皿に。

迫力ある丹波の石皿。いっちんの白い釉薬が楽しげに縁を飾ります。さて何に使いましょう。すっくりと葉物の植物もいけるもよし、笹や葉蘭をしき、おむすびを並べたりお惣菜の3種盛りなどにもよいですね。(写真はクリックすると大きくなります)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■『み た て 花とうつわと古道具』2015年5月2日(土)~5月6日(祝)10:30~18:30金沢大野湊かたかご庵会期中P 山森商店商店駐車場⑦⑧⑨の3台...
0

小鼓の鼓胴に。

能楽の囃子に欠かせない楽器、小鼓。調べ緒の張りの具合で音をかへ、音は甲乙の大小、掛け声は陰陽であらわされる。リズムというより間合いを切るように時として打たれるその音は、大蔵流小鼓方の家元の言葉によると.「能楽という演劇に音楽を伴奏するのではなく、囃子の演奏自体が楽劇の一部として生きなくては成らない要素を持つ」のだとか。深淵である。写真の小鼓は練習用だろう、さらりとした蒔絵がほどこされている。冷え枯...
0

フラスコに。

ケヤキの新芽も日をおうごとにのびやかに芽吹いてきました。足元に目を転ずれば、踊子草、一輪草、スミレなどの草花も小さな春をうたっています。そんな草花をてらいなく受けとめてくれる透明なガラス。ほどよい大きさのフラスコと存在感のあるフラスコ。たおやかな草花が似あいます。(写真はクリックすると大きくなります)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■『み た て 花とうつわと古道具』2015年5月2日(土)~5月6日(祝)10:30~18:...
0

清代染付の筆立てに。

中国の年号でいくと明朝末~清朝はじめごろ、日本からのオーダーで景徳鎮で焼かれた染付の焼物「古染付」。骨董好きのあいだでは古染、コソメと呼びならわされています。虫喰いと呼ばれる釉切れがところどころみられるのが味わい。写真の品はそこまで古染ほど古くはありませんが、青みを帯びた器胎に線描の染付の青がすがすがしく映えます。筆立てとしてつくられたものを花活けにみたてて。手元において慈しみたい掌品です。■■■■■■...
0

企画展DM

企画展のDMできあがりました。せっせとこれからあて名書きをいたします^_^;このDM写真だけをみると、骨董ってやはり敷居が高そうとなりますねぇ。今回は仏教美術などの本格的な骨董から、ブロカント、シャビーな品までいろいろ展示いたします。花やお茶のみたてで、知る楽しみや使う面白さを感じていただき、骨董・古美術に抱かれがちな敷居の高さを、軽々こえていただけたらなあと思っています。....
0

『野花の投げ入れ』 参加者募集。

企画展「みたて 花とうつわと古道具」のなかでおこなうワークショップをもう一つご案内します。ワークショップのころは、すくすくとのびた草たちの花が美しい季節。かたかご庵から歩いて5分のところにあるやすらぎの林に出かけて、そこで出会った草花を摘み、花器にみたてた道具やうつわに投げ入れを楽しみます。やすらぎの林は、折しもカジイチゴの白い花や、薄紫のハマダイコンなどが風に揺らぎ咲いているころでしょうか。五感...
0

「厨(くりや)流 みたての茶事手習い」参加者募集。

5月2日~6日の企画展「みたて 花とうつわと古道具」のなか、お茶、お花、それぞれをみたてで遊ぶワークショップを行います。そのうちの一つ、まずはお茶のワークショップをご案内します。ご自宅のお台所にある器や道具を用いてお抹茶を楽しむ、その名も「厨流みたての茶事手習い」。今回、略盆点前というお盆のなかにお道具を組んでお茶を頂く作法を、裏千家講師の宗協さんに一から丁寧に教えていただきながらお茶とお菓子をい...
0

浄瓶に。

「願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月のころ」西行法師が詠ったその如月の望月のころは、月食の満月、昨夜でした。そして歌どおりにお亡くなりになったのが旧暦2月16日、つまり今日。古い高麗の青銅製浄瓶に、西行にささげる一枝を。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 『みたて 花とうつわと古道具』   日    2015年5月2日(土)~6日(祝・水)時 間 午前10時30分~午後6時30分会 場 金沢大野湊かたかご庵(金沢市大野...
0

企画展 『みたて 花とうつわと古道具』 

桜もちらほらとほころび北陸にもいよいよ春が到来です。かたかご庵も冬の眠りから目覚めて、活動を再開いたします。(と、いっても企画展のときのみのオープンで、申し訳ありません)【富山市八尾上新町の姉妹店】 4月11日(土)富山市八尾町なりひら通りの風の市にあわせ開店 10時~16時5月3日(日) 富山市八尾町 越中八尾曳山祭にあわせ開店 9時~17時 【かたかご庵】5月2日からかたかご庵にて「みたて」をテ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。