【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里くらわんかに。

霊峰白山にも初冠雪の便り。秋も深まり冬仕度への心づもりをしなくてはなりません。しかし寒い季節にはお楽しみも用意され、この地には冬ならではの美味しい恵みが天から贈られています。根菜では加賀野菜の源助大根。太さは8~10センチもあり、片手で持つとずしっとした重さ。煮崩れしにくいため、ことことと煮炊くおでん、風呂吹き大根、ブリカマなどによく合います。ひとまずその味をしっかり口中におさめたく、風呂吹き大根で...
0

五芒星の印判7寸皿に。

雨が降り、ぐっと気温が下がってきました。マコモという植物を知ったのは今から20年位前でしょうか。水辺に生えるイネ科の植物で、石川県ではかほく潟で栽培されています。面白いのは新芽に黒穂菌が寄生して肥大したところが食用になること。さらに「マコモダケから採取した黒穂菌の胞子をマコモズミと呼び、お歯黒、眉墨、漆器の顔料などに用いられてきた」とのこと(ウィキペディア)で、そういうモノを生かして暮らしてきた知恵に驚か...
0

龍田川模様の青磁豆皿に。

富山市八尾の上新町なりひら通りでは、4月~11月の第2土曜日に「なりひら風の市」が開かれています。そこには地元の方々が作った季節の朝採れの新鮮野菜がお得な価格でならび、行くたびに買ってしまいます。今月も13日にあり、大根やサツマイモにまじって棗の実が500g350円で販売されていました。棗は生のまま齧ると青リンゴのような香りと酸味がします。さてこの秋の味覚を甘露煮に。たっぷりの水で20分ほど下茹でし、...
2

ご来場ありがとうございました。

ご来場ありがとうございました。「クロマー ふわり、くるくる」は、お陰様で無事に終わりました。最終日の8日には、クロマーをフェアトレードで輸入しているクロマニヨン(葉山)の一員・中村夏実さんも在廊。クロマーがカンボジアの人々に実に巧みに使われ親しまれていること、織られている工房のようす、内戦後のカンボジアのこと、現在のカンボジアのこと、カンボジアの食文化などなど、クロマーを窓として、カンボジアのこと...
0

いよいよ最終日です。

「クロマー ふわり、くるくる」いよいよ最終日です。いいなあと思っていた品が次々嫁に行き、少々さみしいですが、お客様の喜ぶ笑顔のほうが勝ち!ニコニコ、クロマー巻いて帰って行かれるお姿に私も嬉しくなります。今日はクロマニヨンの中村夏実さんも在廊されますので、クロマーの素敵な使い方を教わることもできます。ミニWSは11時半~、3時半~ 。お誘いあわせ、どうぞ~。まだまだ素敵なクロマーございます。...
0

お待たせしました。

お待たせしました。あす6日からいよいよ企画展「クロマー ふわり、くるくる」始まります。丁寧に紡がれた糸で織られた品々にふれてください。お気に入りの一枚、大切な人への贈り物にもお薦めです。お誘いあわせ、どうぞ。 「クロマー ふわり、くるくる」10月6日(土)~8日(祝・月)10時半~18時半金沢大野湊かたかご庵(金沢市大野町3‐4)...
0

手織りの着尺も。

今回の企画展には、クロマーのほか、特別にカンボジアやラオスの女性たちが木機で織りあげた丁寧な手仕事の着尺も並びます。クロマー生地の着尺は、しっかりとした厚み、だけどふんわりと包み込む柔らかさ。小間かなチェック柄がカジュアルな着物の愉しみ方へ導いてくれます。ラオスの着尺は、シックな色合いながらも、艶やか。こちらは大人の装いに。いずれも着物・和小物のポンナレットのお品です。こちらもどうぞお楽しみくださ...
4

クロマー巻き方★ミニWSもあります!

企画展「クロマー ふわり、くるくる」最終8日(祝・月)に、クロマニヨン中村夏実さんからクロマーの巻き方ミニWSもあります。クロマーの楽しい巻き方、使い方、おぼえましょう!●クロマー巻き方・ミニWS(無料)  午前11時30分~12時   午後3時30分~4時●小さな茶話会(要お申込み) 午後2時~3時 定員8名 参加費500円 アジアンスィーツをいただきながら、 カンボジアの魅力、クロマーのお話などお聞きします...
0

秋色とりどり、届きました。

台風がだんだんと近づいてきた昨夕、葉山のクロマニヨンさんから大きな段ボール箱2つに、企画展のためのクロマーがたっぷり120点あまり届きました。わくわくしながらの検品!定番のチェックから、変化に富んだ色合いが愉しめる秋らしいこっくりしたもの、ボーダーの切り替えのあるものなど、ついつい検品の手を止め広げてしまって、なかなか仕事が進みませんでした(苦笑カンボジアにある工房に直接発注をしたクロマニヨンさん...
0
該当の記事は見つかりませんでした。