【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

ありがとうございました。

まもなく2010年が終わろうとしています。皆様にとりまして今年はいかがでしたでしょうか。私はといえば、今年はまたいっそう多くの方々と出会うことができ、一人ではできないことをたくさん経験させて頂きました。ありがとうございました。そして至らぬところも多かったこともお詫び申し上げます。来年は訪れてくださるお客様がよりゆっくりなごめるような場、そして人、もの、ことを結ぶ役目をつとめることができればと思いま...
0

月と旧暦の茶話会。お申込み好評受付中です。

先日、企画展を無事に終えました。悪天候のなか、お越しいただいた皆様に深く感謝いたします。大変ありがとうございました。色々な人との出会いが宝ものだなあと、金沢でかたかご庵を開くようになって尚更想います。また来年も、色んなこと、もの、人のご縁を、結んだり結ばせていただいたりし、進んでいきたいと思います。ご縁といえば、来年1月に月と旧暦のお話をしていただく高月さんとのご縁も、そもそも約10年前に富山市八尾...
0

羽子板。

ハッピークリスマス!金沢はホワイトクリスマスになりましたが、かたかご庵のある大野町は風のため積雪はほとんどありません。企画展も今日は3日目。寒いなか朝早くにお見えいただいたお客様もおられ、深く感謝しております。今、かたかご庵のなかはどちらかというとお正月モードです。「昭和5年ザイラー先生より」と箱書きされた羽子板などをしつらいに飾ってお正月らしさをだしています。昭和5年というと80年前!それでも縮...
0

ほかいに。

企画展、二日目スタートです。冬になると土間にかけるのが、実家の母の花嫁のれん。あいにくまだ見たことはないのですが、お昼どきに金沢を舞台にしたドラマがあり、それが「花嫁のれん」というタイトルだそうですね。金沢では結婚式の前に嫁ぎ先家のお仏壇にお参りする風習があり、仏間の入口にかけられるのがこののれんです。のれんが高めに吊ってあり、床とのあきが気になるので「ほかい」に花をいれて置きました。ほかいとは「...
0

プレスガラスの小皿に。

あられが降ったかと思えば日が差し、そしてまた雨が降りだす。金沢の冬は本当に猫の目のようにくるくると1日のうちにお天気がよく変わります。今回の企画展中はずっとこんなお天気なうえ、明日からは雪だるまマ~ク。強がって「ホワイトクリスマスですよ、いいでしょう!」と言っておきましょう。さて企画展会期中のなごみカフェでは、お飲みもののほかおやつも少々。毎日お出しするおやつは、ほくほく五郎島金時が入ったレアチー...
0

明日から「冬の味覚を彩るうつわ展」。

明日から企画展がはじまります。華やかな古伊万里色絵のうつわや漆器、母の花嫁のれんも彩りにかけまして、かたかご庵は一気に賑やかになりました。期間中、あったかい飲みものとおやつをご用意し「冬のなごみカフェ」いたします。飲みものはアリーカフェさんの珈琲、チャイ、甘酒。おやつは五郎島金時入りのチーズケーキと日替わりおやつ。また1月29日に行う茶話会「月のリズム」で講師をしていただくLUNAWORKS高月さん製作「旧暦...
2

高岡漆器の彫刻塗鯛菓子器 

富山県高岡市は銅器の町として知られていますが、漆器の町でもあります。その始まりは江戸時代の初め。加賀藩2代藩主前田利長が現在の富山県高岡市に高岡城を築いたとき、武具や箪笥、膳等日常生活品を作らせたことによります。企画展にもその高岡漆器の伝統を受け継ぐ逸品、鯛をかたどった菓子器をご用意しました。彫刻塗という手法でこしらえてあります。実に堂々として、いかにもめでたく縁起がよさそうです。胴の部分が蓋にな...
0

錦手兎文飯茶碗。

ようやくレイアウトが終わりました。かたかご庵を構えて良かったことのひとつに、搬入、レイアウト、そして搬出を慌てなくてよいということ。よその場所をかりて行っている時は、毎回、新鮮ではありましたが、時間に追われて大変でしたから。荷ほどきの中からまた一品をご紹介。古伊万里錦手の飯茶碗で、窓には来年の干支の兎が描かれてます。色絵に金彩の入ったものを錦手(にしきて)と呼びますが、これは上品で落ち着いた印象で...
2

九谷庄三の盃。

少し反省をして、手元だけもくもく動かしました。そこで、なぜ荷解きが進まないのかもう一つの理由がわかりました。それは、うつわを包んでいる新聞紙にありました。あれ、こんなことあったんだと見出しにつられ、読んでいた・・・。ともかくも荷解き終了。荷解きのなかからご紹介するのは、九谷庄三の工房もの。九谷庄三は、文化13年(1816)能美郡寺井村(現能美市)に生まれ、九谷焼の中興の祖といわれています。九谷庄三の詳細...
0

古伊万里色絵段重。

準備着々と言いたいのですが、進んでいません。アハハ~。箱をあけるたびに、いいなあ~、これって魅入っているからです。今日、まずは黙々開封します。でもちょとだけお見せします。古伊万里色絵段重。とっても華やかできれいです。茄子は「物ごとを為す」ということで吉祥文。段重にとりどりお節を詰めていただくのもよし、チーズを各種とかチョコレートやクッキーでもよし。蓋物は開ける楽しみもあります。...
0

12月しつらい教室を終わりました。

12月のしつらい教室、無事に終わりました。ご参加頂いたNさん、Kさん、Hさん、寒いなかありがとうございました。いろいろご質問をいただいて、私もまた勉強になりました。ぜひ今年のお正月に活かし、楽しんでいただけたら嬉しいです。さて、しつらい教室というと構えてしまわれるかもしれませんね。大よそ、いつもの流れを少々お話をします。しつらい教室は最初にその回のテーマにそって、意味や由来、しつらいのポイントをお話...
0

冬のなごみカフェ

雪が降ってきました。やはり寒さが違います。来週行います企画展で、「冬のなごみカフェ」いたします。アリーさんの珈琲、チャイ、甘酒と日替わりおやつ。ほっこり、まったりしにお越しくださいませ。****************冬の味覚を彩るうつわ展2010年12月23日(祝)~26日(日)10時~18時金沢大野湊かたかご庵...
0

12月 季をたのしむしつらい教室

里にも雪が降りました。北陸特有の釉薬のかかった黒瓦に積もったさまは悪くない風情です。今年最後のしつらい教室のテーマは「お正月」です。お正月の意味や由来を知って、新しい年をお迎えしませんか。お申し込みお待ちしています。*****************季を楽しむしつらい教室*****************テーマ お正月日 時 12月18日(土)午後1時半~会 場 金沢大野湊かたかご庵(金沢市大野町3-...
0

松林千鳥文の漆の椀に。

12月にしては珍しく穏やかな一日。皆様いかがお過ごしでしたか?私は湯涌温泉からさらに深い山間にある畠尾というところへいってきました。目的はその林道に幅左右2メートル、長さ2キロにわたって自生するカリヤスを刈ること。これは乾燥させると茅葺き屋根の材料の茅になる植物。草木染めにも使われるものです。ススキの仲間ですが茎は細く、中が空洞なのが特徴。そのため雨にぬれても乾燥が早く、屋根の材料としては最高です...
0

冬の味覚を彩るうつわ展

冬の海の味覚が日に日に美味しくなってきましたね。カニ、甘エビ、ブリ、タラなどなど、ああ、美味しい。これから人集う季節。せっかくなら佳きうつわで、おもてなしやしつらいもを如何でしょうか。江戸後期の華やかな古伊万里色絵を中心に、使い勝手のよい印版、干支のもの、漆器も少々の展覧です。どうぞお誘いあわせご来庵くださいませ。******************冬の味覚を彩るうつわ展2010年12月23日(祝)~26日...
4

「月のリズム 旧暦で遊ぶ・試す・味わう」のお知らせ。

来年1月29日(土)(旧暦では12月27日)、旧歴ダイアリー「旧暦日々是好日」の作者、高月美樹さんをお迎えして、お話と茶話会を行います。農業と月、体と月、月は暦だけでなくいろいろな形で私たちを司どっています。全国各地で月と旧暦のお話会をされている高月さんですが、北陸では初めてのもの。旧暦の貴重なお話を、この機会にぜひお聞きください。きっと暮らしに月のリズムの旧暦を取り入れたくなります。★高月美樹さんプロフ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。