【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

李朝の小皿に。

金沢港をはさんで大野町対岸にある粟ヶ崎は、五郎島金時というさつま芋のふるさとです。砂丘で作られたさつま芋は甘みとほくほく感がぴか一。金沢で焼き芋といえば、五郎島と決まってるほど食べられています。その五郎島金時をふかし、室温に戻したクリームチーズ、牛乳、砂糖、ゼライスパウダーをフードプロセッサーでまぜ、冷蔵庫で冷やしレアチーズケーキを作りました。レアチーズ200gに対し、金時を300gにしたので、チー...
3

長火鉢に。

オエの間に長火鉢を据え、鉄瓶をかけました。火鉢は環境教育を生業にしているやまねこさんの持ち物です。引っ越しに伴い、亀鳴屋さんの預かりになっていましたが、押入れに仕舞われたままということで、うちの預かりになりました。こうなると鉄瓶でもかけないと格好がつかないと、知人の店に良い出物があったのを分けていただきました。でも、まだ炭を熾していません。それというのも、火おこしやら炭消し壺の気に入ったものが見つ...
2

古伊万里色絵の小皿に。

企画展の前半が終わりました。ご来場いただきました皆様、大変ありがとうございました。後半は今週末、28日(土)、29日(日)です。時間は午前10時~午後6時半。追加の品なども少々入ります。庭の満天星も日に日に赤く色づき、見ごろを迎えております。ご来場お待ちしています。・・・・・・・・・・と、お知らせはここまで~。金沢の冬の味覚のひとつ、かぶら寿し。蕪に鰤をはさんで米麹で漬け込んだお漬物です。カリッと...
4

富貴よせ企画展 開催中!

富貴よせ企画展は今日が3日目。いつもお越しいただくお客さまに加え、思わぬ懐かしい方がいらっしゃったりと、1日1日を新鮮な気持ちですごさせて頂いております。先にもご案内しましたが、来週の28日、29日も開庵いたします。お誘いあわせ、ご来場くださいませ。多彩な品々がお待ちしています!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・富貴よせ企画展 暮らしの衣替え 秋から冬11月20...
0

季を楽しむしつらい教室、始めます。

これまで不定期に行ってきましたしつらい教室を、来月から定期的に、順をおって始めていきます。教室の開催日は、本来行われる行事や風習のお日にちより早めてあります。それは教室で学んだあとは、ご家庭でも行っていただき、お子さんやお孫さんにも、伝えていただきたいからです。教室の内容は、日本で行われてきた節句や風習の由来や意味を知った後、骨董の道具や身近にある物を使って、実際にしつらいを行っていただきます。そ...
0

まもなく富貴よせ企画展。

今週金曜日から、いよいよ富貴よせ企画展が始まります。表の部屋は着物や帯、和装小物を少々、奥の部屋は陶磁器や漆のうつわの数々、キリム少々を揃えました。当初20日~23日としておりました開催日、プラス週末2日も行います。残りものに福があるやも??お待ちしております♪*********************************富貴よせ企画展 暮らしの衣替え 秋から冬11月20日(金)~23日(祝) + 28(土)29(日)10時~18時半金沢大野湊かた...
0

吸い物椀に。

北風が吹きこみ、季節がぐんとまた冬に一歩近づきましたが、それとともに美味しい恵みがこの地には到来。加賀野菜のひとつ加賀蓮根もそのひとつ。ホクホクもっちもちの食感がたまりません。今日は蓮蒸しにして、その恵みを享受しました。でんぷん質が豊富なので蓮蒸しにしても片栗粉はいりません。蓮根の皮をむき酢水にさらしたあとすりおろします。あがってきた水分を取り除き、卵白、塩少々、みりんをいれます。適当な大きさにま...
2

キリムの魅力。

10年以上前になりますが、トルコに2週間ほど旅行しました。アンカラ、イスタンブール、イズミール、カッパドギアなどトルコ全土を駆け足で巡るものでした。今もう一度訪ねたい外国はどこ?と聞かれたら、すかさずトルコ、ですね。西洋と東洋の文化の十字路といわれる土地にはまだまだ見たい知りたいものがたくさんあります。さてもうあと1週間後に始まる富貴よせ企画展には、トルコから届いたキリムをほんの少しだけ並べます。ざっ...
0

金金キラキラ♪ 古伊万里色絵の器たち。

いつものタイトルの出だしとはちがう・・・、とうとう頭がおかしくなったか、、、そう思われた皆様、ご心配ありがとうございます。昨日あたりより本格的に荷物を運び、少しずつ紐解いております。古伊万里色絵の段重、六角小鉢、手塩皿など、華やかな色絵や錦手を眺めていましたら、ついつい・・・のタイトルです。悪しからず。...
2

蒔絵の櫛・簪。

通勤途中の道、形も色もとりどりの落ち葉に彩られています。先人たちはこういう秋の趣きを「ふきよせ」と名づけて、お料理の名前にもいたしました。今月20日から、かたかご庵でおこなう企画展も、古伊万里の器のほか、着物や帯、和小物、藍染め古布、灯りなどさまざま展示することから、「富貴よせ企画展」としました。これからしばらくは企画展に出す品をいくつかご紹介していこうと思います。今日は美しい蒔絵と螺鈿がほどこされ...
2

瀬戸の小皿に。

この秋一番の冷え込みになりました。あたたかい焼き菓子が食べたくなり、クランブルを多めに作りました。クランブルは薄力粉、アーモンドパウダー、砂糖、無塩バターをそれぞれ同量ずつ合わせ、そぼろ状にしたもの。季節のフルーツにかけて焼くと美味しいのです。一番ポピュラーなのは林檎を使ったものでしょうか。林檎を5ミリ厚のイチョウ切りにして耐熱容器にいれ、クランブルをかけて200度のオーブンで20分焼いて出来上がりです...
0
該当の記事は見つかりませんでした。