【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里色絵手塩皿に。

金沢にも桜の開花宣言が発表されました。兼六園の周辺も雪洞がともされ、4月の7日、8日は浅野川園遊会。あとは花の開く時を待つだけです。地震のあった能登の旧鹿島駅は桜の名所でした。被害にあわれた方々が、花に少しでも心が慰められると良いのですが。そう憂いながらも、おやつに桜餅を一つ。。。。被災地の皆様、ごめんなさい。最近、金沢でも道明寺粉に餡が包まれた関西風の桜餅を見かけることが多くなりました。私の子供の...
0

繭とり鉢に。

水稲ができない山村集落では、その昔、蚕を飼って繭をとり収入を得ていました。店のある八尾も養蚕で栄えた町です。八尾よりも更に奥深い村々から繭を集積し、また蚕の卵を全国の養蚕地へ売買し莫大な富みを得ました。今ある鏡町一体は花街で料亭や映画館もありました。東新町にある若宮八幡宮にはお蚕さまも祭られています。写真の繭とり鉢はお蚕さまの繭を集める時に使ったもの。外はカンナであらあらとはつっただけの素朴なもの...
0

菓子型。

毎月第1日曜日、富山市の護国神社では「青空のみの市」が開かれています。3月は4日にありました。ぽかぽかの陽気に誘われて出かけたら、境内のそこここに梅が咲き誇り、まさに春爛漫の風情でした。何軒か必ず立寄る店があり、そこでお菓子の型を買い求めました。ガラスが高価だったころか、あるいは戦時中のものか、陶器でできているものです。葛饅頭やゼリーでも固めたのでしょう。形は梅の花や七宝文、陰陽文などいろいろ。飾...
2
該当の記事は見つかりませんでした。