【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

大正時代のプレスガラスに。

向田邦子さんは骨董好きなうえ食いしん坊であった。自分が食べたい物をいつでも食べられるように、「ままや」という小料理屋を末の妹に営ませていた。そんな向田邦子さんの、常備菜のひとつを作った。人参を粗めのおろし金でおろし、それをごま油で炒ってじゃこを加え、仕上げに香りづけにお醤油をちらり、鍋肌に。おろし金ですりおろすのに5分ばかりの忍耐がいる。腕がだるくなっても、最後まで貫徹すると小さな達成感(苦笑)。...
0

刷毛目の抹茶茶碗に。

春の陽気から一転、風の冷たい日。本来の寒さなのに、身にしみます。友人が贈ってくれた野菜のなかにあった牛蒡。料理研究家の長尾智子さんのレシピを少しアレンジして、牛蒡とガルバンゾ豆でポタージュを作ってみました。1㌢ほどの輪切りにした牛蒡一本と粗みじんにきった玉葱半分を、オリーブオイルで炒めて塩胡椒。玉葱がしんなりしてきたら、水を250CC加え、ローリエを1枚いれ、軟らかくなるまで煮ます。(このままここへ...
2

民平焼小判型皿に

神奈川に暮らす友人から、有機野菜を贈られた。大きな蕪、青々とした小松菜、身のつまった人参や牛蒡などいろいろである。蕪も立派な葉がついていて、捨てるなんて、まずできない。葉を実からはずして洗い、糠床に3本ほど漬ける。これは明日のお楽しみ♪さてまだ葉っぱはふさふさとある。水切りした豆腐と練り胡麻のくだんの豆腐マヨネーズで和えてみようと4,5本ばかりを小口切り。塩を振って暫くおいてからギュッと絞り、蒸したシ...
0

李朝雑器に。

夕方の打ち合わせまでぽっかりと時間ができた。久々にマフィンでも作ろう!で、材料を混ぜるのに15分、オーブンで20分、はい、できあがり~。牛乳のかわりに林檎酵母液をいれました。以前ならマフィンにジャムをかけていましたが、バター、砂糖がたっぷりのところに、さらに砂糖いっぱいの甘みを付け加えることは止めました。お皿は李朝の雑器。かけられた釉薬が溶けきらずにできた火間(ひま)が、この皿の景色になっています。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。