【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

プレスガラスの小皿に。

今日はヴァレンタインデー。勤務先ではみんなでケーキを食べる日になり、心もお腹も満たされ平和です。ハッピーバレンタインで♡型の源氏パイを皆様へ~(^^)源氏パイといえば、子供のころ、嬉しいおやつでした。共働きの家庭だったので、学校から帰るとおやつの時間は祖母が白い大きな缶から、その日のおやつを出してくれました。姉と弟と私三人分の小皿をだし、私たちは小皿を前に膝頭をそろえて座って待ちます。白い大きな缶から...
0

ガラスのフラスコに。

朝夕涼しくなり、秋の草花がそこここに花を咲かせています。もう初七日もすみましたが、9月2日の未明、こねこの蓮がソラへと還りました。手向けの花は、草むらで遊んで育った蓮にふさわしかと思い、ツユクサ、ワレモコウやキンミズヒキ。またいつか、どこかで蓮に逢いたいです。...
0

昭和初めのゴブレットに。

初夏はくだものが色々生って、くだもの好きには嬉しい季節。さくらんぼう、ビワ、桃、いちじく、プラムなどなど、などなど。先日、かふぇアンダンテのNさんがプラムを漬けたお酒のことを書いていた記事で思い出しました。そういえば、うちにもプラムで漬けたお酒があったと。炭酸割にしていただくと美味しいとのことで試してみました。ところが3年以上前に漬けたものだったせいか、アルコールがすっかり抜けてただの甘いシロップに...
0

プレスガラスの小鉢に。

一昨日は37度の猛暑日になった金沢。日頃あまり汗をかくことのない私ですが、さすがに汗がふきでました。ふう~。だんだんさっぱりしたものを食べたくなり、トリのササミの酒蒸しに茗荷、キュウリを加えて、梅酢で和えた酢の物を作りました。盛った器も目にも涼しいブルーのプレスガラス小鉢。見込みに菊花のあるこのタイプのプレスガラスは、明治・大正ごろから昭和初めまで長らく愛されつくられてきたデザインです。透明の小鉢も...
0

プレスガラスのコンポートに。

毎年7月1日、金沢では暑気払いに「氷室饅頭」とよばれる酒蒸し饅頭をたべる風習があります。その1週間前くらいからでしょうか、市内のあちらこちらの和菓子屋さんの店頭には氷室饅頭の貼紙がはられます。氷室饅頭は自宅で食べるほか、お使いものに使われたりもしました。もともとは氷室に詰めた雪を江戸まで運んだ氷室開きに由来。金沢市湯涌地区には茅葺き屋根の氷室小屋があり、氷室開きは夏の風物詩です。味わう前に明治時代の...
2

プレスガラスのお醤油つぎに。

濃い緑のハート形の葉っぱに塗り込めた白の花の対比がきれいだなあと暗がりに咲くドクダミ愛でる派です。その独特の香りと旺盛な繁殖力のためうとまれている植物ですけれども、別名「十薬」のとおり漢方薬として珍重されています。今年は空梅雨気味、お天気の良い日に刈りとり、干してお茶にして楽しみましょうか。そしてその前にお花も楽しむ~~(^-^)ドクダミをいれたのは昭和初めのプレスガラスの市松模様のお醤油つぎ。正...
0

アンカーコップに。

北陸も梅雨入りとなりました。先日仕事で白山比め神社の門前町として栄えた鶴来町へいったかえり、道の駅で青梅をみかけて求めました。1キロ、なんと120円!思わずレジの方に値段を確認しました(笑)きっとどこかのお家のセドやら畑の隅に植わった梅の木に実ったものなのでしょうね。昨晩、2~3時間水につけてからヘタをとり、フォークで穴を何か所かあけて冷凍庫へいれ下準備はOK。明日くらいに氷砂糖と一緒に瓶詰してあとは時...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。