【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

小正月のしつらいWS。

2月21日の『旧暦で楽しむ小正月の時間』では、『小正月のしつらいWS』を行います。小正月とは1月15日をいい、今年は2月22日が旧暦の1月15日にあたります。大正月で忙しく働いた女性をねぎらう意味や、農家では五穀豊穣を祈り予祝の餅花をつくり、農耕神に捧げました。養蚕の盛んな地域ではお餅のかわりに繭をもちい繭玉とも呼びます。WSでは小正月のいわれを紐解きつつ餅花飾りを作ります。出来あがった餅花飾りはお持ち帰りい...
0

秋のしつらいセミナー「名残の月見 十三夜を飾る」

★最少敢行人数に達しなかったため、今回はお休みします。申し訳ありません。★秋のしつらいセミナーを行います。テーマは「名残の月見 十三夜を飾る」。10月25日はちょうど十三夜で、別名に栗名月、豆名月ともよばれます。月見の由来をひも解いたあと、お団子を作り、秋草を摘みにでかけ、かたかご庵にある道具やうつわを使い、十三夜の月への想いをしつらいで形に表します。と   き  10月25日(日) ①午前10時~  ②午後2...
0

朔旦冬至のしつらい

コンパクトカメラがすこぶるご機嫌斜めなのを騙し騙し使っておりました。先だってカメラマンの友人にカメラの状態を話すと「あ~、ル●ッ●スか。 家電製品は3~4年たてば寿命です」とカメラを見るまでもなく、あっさり告げられました。うう。イマドキならスマホかタブレットのご時世ですが、これまたまだガラケ―、つまりは写真が暗くてすみませんと言いたかったのです。さて12月22日は朔旦冬至。19年7カ月に一度の冬至で新月の日。...
0

季を楽しむしつらい教室 朔旦冬至 & クリスマス 篇 

師走に入り、金沢はいよいよ本格的な冬になりました。12月、お福市のなかでi久しぶりにしつらい教室も行います。12月は冬至、そしてクリスマスなどをテーマにしつらい教室を行います。冬至はご存じの通り昼が一番短い日。そして翌日からは畳の一目分だけ日が伸びていきます。 今年の冬至は12月22日(月)で、新月(朔)と冬至が19年ぶりに重なる「朔旦冬至」にあたり、それは月の復活と太陽の復活が重なる大変特別でめでた...
0

雛のしつらいとお茶時間。

2月23日「大野の節句」にあわせてかたかご庵では「雛のしつらいとお茶時間」をおこないました。雛祭りにまつわるフォークロアをお話しさせていただいたあと、各自お持ち頂いた雛祭りに因んだお品の数々と、拙庵にある道具や三春人形を取りあわせ、雛祭りのしつらえをして頂きました。しつらいにはそれぞれ個性が表れ、楽しい(^.^)。どういうところに留意されたかお話いただいたあと、雛祭りに因んだとらやの「雛衣」とお抹茶で一服...
0

2月23日は「大野の節句でおもてなし」へどうぞ。

平年の20%しか積雪のない金沢でしたが、立春の戻り寒波で15センチほど積もり、雪国らしい冬になりました。雪が少ないと不安になるのは雪国育ちの人間のサガ。軒下にツララが下がるほどの厳しい寒さにも、どこかほっと安堵し微笑む自分がいました。さて、先ごろよりご案内させて頂いておりますかたかご庵の「雛のしつらいとお茶時間」。大野町の春を迎える催し『大野の節句』のなかのひとつとして行わせていただきます。楽しく美味...
0

七夕のしつらい@カフェあんだんて

7月9日に高岡市福岡町にある「カフェあんだんて」さんで七夕のしつらい教室を行わせていただきました。いつもは庵で行っていますが、時にこのようにえんやこらしつらいに使う道具を車に積みこんで出張教室も行います。今回は9名の方にご参加いただき、七夕の謂われや飾りの由来、各地の七夕行事に付いてお聞きいただいた後、あんだんてさんの店内に実際にしつらえをして頂きました。こちらは書の上達を願うしつらい。こちらは七...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。