【金沢大野湊発】骨董の器で、頂きま~す♪

「金沢大野湊かたかご庵」が贈る器とごはん、野の草花。 骨董と暮らす楽しみ、和文化をお届けします。

古伊万里染付八角鉢に。

友人が蕪と厚揚げの焚いたのを作ったと書いてあったのが頭にのこり作りました。何でも弟御の好みではないメニューだったらしいのですが、一口食べて「うまいな」と。友人は弟も歳をとったなあと感じたそうですが、歳を重ねるとわかる、気づくこともあるある(笑)さて、蕪は先日お客さまにいただいたものの最後のひとつ。ご両親が畑仕事を楽しんでいらっしゃって、そのお裾わけでした♪ご両親のお気持ち、お客さまのお気持ちに二重...
0

簡易的金継ぎWSをはじめます。

加入している健康保険組合から昨年度の医療費の明細が送られてきました。突出しているのが皮膚科に通った履歴です。そう、そう、昨年は欠けた器を本漆を使って金継ぎをしていて、2月と6月に2度もかぶれたのでした。原因は漆が固まったかなあと、室から器を取り出す際、どこか皮膚に漆が付着したのでしょう。先生に習っていたときは麦漆も先生が作ってくれたり、漆に触れる時間も少なかったたので大丈夫だったのですが、自宅で自主...
2

プレスガラスの小皿に。

昨日は行く先々でチョコを頂いていました。たぶんバレンタインのお裾分けのようです(^^)有り難く頂いて明治から大正時代につくられたプレスガラスの小皿で楽しみました。冬のガラスは淡い光を内包して輝き、美しいです。このサイズの小皿であれば、漆の器の受け皿として使っても面白いです。...
0

古伊万里染付なます皿に。

スーパーに一歩踏み入れた時、目に飛び込んできた色鮮やかなグリーン。陳列台に並んだ小松菜でした。その色彩に生命力を感じて、ついっと手が伸びて買い物かごに。シンプルに厚揚げと煮びたしにし、味と触感のアクセントにピーナッツを和えました。盛ったうつわは、古伊万里染付なます皿。あまり見かけない3寸あまりの可愛いなます皿です。躍動感ある筆遣いがとても好き。残念ながらニュウが入っているけれど、本漆を染み込ませて...
0

プレスガラスの小皿に。

今日はヴァレンタインデー。勤務先ではみんなでケーキを食べる日になり、心もお腹も満たされ平和です。ハッピーバレンタインで♡型の源氏パイを皆様へ~(^^)源氏パイといえば、子供のころ、嬉しいおやつでした。共働きの家庭だったので、学校から帰るとおやつの時間は祖母が白い大きな缶から、その日のおやつを出してくれました。姉と弟と私三人分の小皿をだし、私たちは小皿を前に膝頭をそろえて座って待ちます。白い大きな缶から...
0

草木染めワークショップご参加ありがとうございました。

先週末、今年に入ってはじめての草木染めワークショップを行いました。今年の春小学校に上がられるお子さんと参加くださったKさん。予想通り途中でお子さんは飽きてしまわれましたが、KさんとKさんのお母様ががんばってくださいました。カリヤスで白く染め抜いた後、お絵かきしてもらうおりにお子さんも参加。ウサギやリスなどの動物をたくさん描いて楽しんでいただけました。可愛く描き上がったこのあと、線をどんどん付け加え...
0

瀬戸麦わら手の飯碗に。

立春はすぎましたが、しんしんと雪の降る金沢です。何もかもがしんと静まって、冬だなあと想う日です。先日、お客様から冬野菜をいただきました(^^)いつもありがとうございます。立派な蕪がありましたので、かぶら蒸しにしました。卵白を泡立ててすりおろした蕪にあわせて、鶏のささ身をのせラップにくるんでレンジであたためれば淡雪のようなフワフワなかぶら蒸しに。銀あんをかけ、菜の花を添えて春待ちの心。器はお気に入りの瀬...
0

「金沢の港町・大野の作り手展」 Vol.2 @銀座の金沢へ出品。

もう来週は立春ですね。ほんの少し、気持ちだけでも嬉しくなります。さて今日は出品のご案内です。金沢の食と工芸を紹介するアンテナショップ「銀座の金沢」をご存知でしょうか。★銀座の金沢HPはこちら★この「銀座の金沢」ギャラリーで 『金沢の港町・大野の作り手展』が2月8日(水)から開催されます。拙庵からは私の手掛けた草木染め手ぬぐい、縮緬細工、漆器とセットでの苔玉とミニ盆栽、そのほか大聖寺伊万里と九谷焼を少々、...
0